【朝日新聞】アンニョンハセヨが消えた対馬…「日韓関係の悪化を初めて肌身に感じた」 2019/12/14

朝日社旗
広告

 数カ月ぶりに戻った故郷の風景は、様変わりしていた。観光客でにぎわったカフェや食堂は閑古鳥が鳴き、耳慣れた韓国語は聞こえないソウル女子大に留学中の上野すだちさん(21)は9月、父母らが暮らす長崎県の離島、対馬に帰省し、「日韓関係の悪化を初めて肌身に感じた」。

 釜山から約50キロ、高速船で1時間強の対馬は韓国の人々にとって最も近い外国。昨年は人口約3万人の島に約41万人の韓国人観光客が訪れた。だが、7月に日本政府が対韓輸出手続きを厳格化すると、島を訪れる韓国人は昨年の10分の1まで減った。

 韓国政府が日本の大衆文化の開放に踏み切った1998年に生まれ、物心ついたときから韓国は身近な存在だった。小学生のとき、韓国人観光客とすれ違うたびに同級生と「アンニョンハセヨ」と声をかけた。
https://www.asahi.com/articles/ASMCD53YCMCDUHBI01M.html


 

管理人コメント

何日か前に記事にしたものを再生産してまで韓国愛を表現する朝日新聞パネェっす

【朝日新聞】耳慣れた韓国語が聞こえない…日韓関係の悪化を初めて肌身に感じた 2019/12/9

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA