サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響する可能性も 2019/12/6

サムスン
広告

<韓国最大の企業であるサムスン電子で初めて、労働組合が結成された。韓国では労組の影響力が強く、さらに現在は文在寅大統領の下、労働争議が勢いを増している。韓国経済の先行きは楽観できない>
11月、韓国最大企業であるサムスン電子で韓国労働組合総連盟(韓国労総)に所属する労働組合が正式に発足した。同社で労働組合のナショナルセンターに所属する労働組合が結成されたのは初めて。新規に結成された労組関係者は、すでに「権利を奪還する」と意気込みを示している
今回の労組結成は、サムスン電子だけでなく韓国経済全体に大きな意味を持つ可能性がある。強力な労働組合が発足すると、経営者はその要請に耳を傾けなければならない。その分、経営の自由度はそがれるだろう。サムスン電子の売上高が韓国全体の国内総生産(GDP)の約15%に達することを考えると、労組結成が韓国のマクロ経済の成長に与えるインパクトは軽視できない
企業が成長を目指すためには、成長が期待される分野にヒト・モノ・カネの経営資源を再配分しなければならない。サムスン電子は、組織全体が自律的に業務拡大を目指す体制を整え、成長を実現してきた。しかし、労働組合が既得権益の強化を求め始めると、組織の団結力は低下するだろう。サムスン電子内で労働組合の要求が激化すれば、他の財閥大手企業などにも影響は及び、韓国経済にさらなる下押し圧力がかかる展開も考えられる。

「無労組経営」の成功

韓国の大手財閥企業の中でも、サムスン電子は長い間「無労組経営」を続けてきた。サムスン電子は常に成長が目指される経営風土を確立し、実際に業績の拡大と賃金の増加を実現することで、労使の利害衝突が表面化しないよう取り組んできた
その背景にはいくつかのポイントがある。特に、同社の会長を務めた李健熙(イ・ゴンヒ)氏の手腕は重要だ。1993年、同氏は自社製品の品質問題に直面し、組織全体が生産量ではなく品質を重視するよう、徹底した改革を行った。組織に属する全員に対して「家族以外はすべて変えよう」といったメッセージを送り、自らより良い製品を生み出そうとすることを求めた。また、経営トップが企業全体の進むべき方向を示し、各事業部門における業務執行は専門家に任せる組織体制も整えた。

それ以降、サムスン電子はわが国の高品質な素材や部品などを活用しつつ、液晶テレビやディスプレー、スマートフォン、さらには半導体と、世界経済の変化に合わせて成長を遂げてきた。それに伴い、より長くサムスン電子に勤め、給与の増加によって成長を享受しようとする人も増えてきた。
サムスン電子の年次事業報告書を見ると、勤続年数は2015年が10.3年であったのに対し、2018年は11.5年に伸びた。また、それぞれの年の平均給与水準を足元の為替レートで円換算すると、950万円程度から1000万円超にまで増加している。サムスン電子は組織全体が、より良い品質、新しい収益源の獲得に向かって取り組む風土を醸成し、得られた果実を従業員に配分することで相応の満足度を実現してきたと言えるだろう。
それは、組織が一つにまとまり、トップが示した方針に沿って行動するために欠かせない要素だったはずだ。同時に厳しい競争環境の中で成果を実現できれば報われるとの考えが組織に浸透したことによって、労働争議を重視する風潮も高まりづらかったと考えられる。

経営風土に大きな変化

過去の保守派政権のサポートを取り付けつつ、サムスン電子は大規模かつ迅速に設備投資を行い、低価格の製品を生産し、輸出することを通して成長を実現してきた。このビジネスモデルを推進するに当たって無労組経営は欠かせない要素だった。サムスン電子の成長は韓国経済の成長にも大きく貢献してきた。
しかし、2018年、サムスン電子の無労組経営には変化が表れた。社内で小規模な労働組合が設立されたのである。その動機として、創業家に権力が集中することへの不満、同社トップの李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が朴槿恵前大統領への収賄罪などに問われたことなどが考えられる。
ただ、こうした労組結成は従業員の自主的な取り組みという範囲にとどまっていたようだ。そう考えると、今回、韓国労総傘下の労働組合が発足した潜在的なマグニチュードは軽視できない。なお、現時点で、サムスン電子において労働争議が起きているわけではない。様子見の従業員もいるだろう。
本格的に労働組合が結成されると、経営陣はその要求を忖度(そんたく)せざるを得なくなる。サムスン電子がトップダウンで改革を進め、成長戦略を立案・執行することは難しくなるだろう。韓国では労働組合の影響力が極めて強いだけに、サムスン電子の経営風土は大きく変化しているとみるべきだ。
左派政治家の文在寅大統領の下、韓国の労働争議は勢いを増している。輸出の大幅な減少を受けて韓国企業全体の業績が悪化しているにもかかわらず、賃上げを求めてストライキの構えを示す労働組合は多い。加えて、米中の通商摩擦などの影響や、人工知能(AI)の実用化などとともに世界経済の変化のスピードが加速化している。
その中で、サムスン電子の屋台骨である半導体事業は、競争激化に直面している。同社は半導体に次ぐ成長事業を確立できていない。世界経済の不確定要素が増大しつつある中で、サムスン電子が労働組合の要請に対応しつつ、迅速に事業環境の変化に対応する体制を整備し強化することは容易なことではないだろう。

経済減速で労働争議激化か

すでに韓国経済は減速している。サムスン電子における労働組合の動向は、先行きの韓国経済に無視できない影響を与える恐れがある。
韓国にとって、最大の輸出先である中国経済が成長の限界を迎えたことは大きい。米中通商摩擦により世界のサプライチェーンも混乱している。その結果、11月まで半導体を中心に、韓国の輸出は12カ月連続で前年同月の実績を下回っている。2019年の輸出は前年から2ケタ台の減少になる可能性も高まった。
韓国では、政治も経済を下押ししつつある。文大統領は最低賃金の引き上げなどによって企業の業績を悪化させた。さらに、文氏が南北統一をひたむきに追及し、日米間の安全保障体制への不安も高まっている。
当面、韓国経済が自律的に回復する展開は期待できない。そのような見方から、外国人投資家は韓国から資金を引き上げつつあるようだ。その兆候の一つとして、11月以降、外国為替市場では米ドルに対して韓国ウォンが大きく売られた。
株式市場では韓国の政治・経済の先行きを懸念し、保有してきた株式を売却する投資家もいる。一部には、景気減速に伴う労働争議の激化を警戒し、大手企業の株を売る投資家もいるようだ。
韓国の企業業績が低迷するとの懸念は高まりやすい。その展開が現実のものとなれば、労働組合は既得権益の維持・強化を目指し、労働争議は一段と勢いづく展開も考えられる。サムスン電子で本格的な労働争議が表面化すれば、従来以上に韓国全土で労働組合の要請が強まり、企業経営がさらに圧迫されることもあるだろう。それは、景気をさらに低迷させる要因だ。
労働争議が激化すれば、韓国から海外に生産拠点などを移す企業も増えるだろう。労働組合などの支持を取り付けてきた文大統領が、企業経営を重視した政策スタンスに転じる展開も想定しづらい。韓国から海外へ資本の流出は続くだろう。
以上から、労働組合の影響力が増大するに伴い、サムスン電子をはじめとする大手企業が改革を進めてさらなる成長を目指すことは、これまで以上に難しくなる恐れがある。それに伴い、韓国経済の実力も低下に向かうだろう。先行きは楽観できない。

[執筆者]
真壁昭夫(まかべ・あきお)
法政大学大学院教授
1976年一橋大学卒業後、第一勧業銀行(現みずほ銀行)入行。83年ロンドン大学経営学部大学院修士。みずほ総合研究所同主席研究員、信州大学経法学部教授などを経て2017年4月より現職。日本商工会議所政策委員会・学識委員、東京証券取引所主催東証アカデミーフェローも務める。主著に『行動経済学入門』など。
※当記事は時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」からの転載記事です。


https://www.newsweekjapan.jp/amp/stories/world/2019/12/post-13555.php


 

5
ヒュンダイの例見れば100%北朝鮮系のアカだろうに
プラスになんぞなる訳ねぇわな
 
6
サムチョン海外脱出待ったなし
 
10
ストライキしても給料もらえる法律があるんだよね。北シンパの労組も安心だ。

11
さ、ストライキしよっかw

12
キチガイ労組貴族の誕生だ

13
現状だと、リストラ=大量首切りも時間の問題で、
そうなったら労組はストで完全戦闘態勢になるでしょう
韓国で労組がスト始めたら、もうその会社は終わりですよ
 
15
ボイコット前提で労組結成っすか?ww

16
<丶`∀´>「ゴネれば金が手に入るのはイルボンで学習済みニダ」

17
シロアリが入りこんだな
 
18
今まで労働組合無かったのに驚くわ
組合出来たらお得意の過剰な権利主張するんだろうなww
 
20
サムスンへのとどめになるかもしれんねこれ
韓国の労組は異常
 
24
ストライキで潰れるところが見れそう

25
これは
自爆行為だな

27
最悪なときに最悪な選択するのは伊達じゃない

29
寄生虫に寄生する寄生虫みたいなものだからな
韓国の労組って
 
 
34
獅子身中の虫
まああちこちで訴訟くらってる会社だしどっちもどっち
楽しんでくれ
 
40
韓国の労組ってキチガイ丸出しの暴力集団だよな
しかもまったく働かずストをして、賃上げ要求を繰り返すだけだから、これでサムスンも終わりだな
 
41
労組で傾く会社は多いからなぁ
サムソン終わったか?
 
43
今までなかったことに驚きなんだが
 
56
これ思ったより大ニュースとして扱われないよな
朝鮮人の習性とムンの任期まだ半分残ってる事考えると相当やばいネタだと思うんだが
ヒュンダイのようになりかねないだろ
 
59
よりによってこのタイミングってのが神がかってるな
流石最悪な選択肢を選び続ける民族だけある

60
また一つ工場が稼働しなくなるのかw

61
熾烈な競争と兵役を耐え抜いて入社したのに平均勤続年数10-11年か
年収1000万円あったって生涯賃金少ないな
再就職したら収入ダウンするだろうし
 
62
ムン大統領のやりたい事ってこういう事だろ
 
 65
 >>62
 いや

 本当にやりたいのは財閥の国有・国営企業化で
 これはそのための地均しにすぎんだろw

 国営企業化後は労働のサボタージュは断固粉砕だなwww

63
韓国ウォッチャーにとってビッグニュースだ

64
現代自動車労組の様に、夏休み追加ストが風物詩になるんだなwww
 
80
有給で組合活動出来る不思議な国
 
82
株主が逃げ出す前に、サムスンが韓国を逃げ出すんじゃないだろうか?

製造工場だけでなく、最終的には本社移転も考えるだろう
というか、もう考えているかも?
 

管理人コメント

韓国の労組はきっついからなぁ

まさに労働貴族そのもの

韓国では組合員のみが高い給与を貰いながら[要出典]、毎年賃上げなどのストライキ[1]、労働組合員の子の優先採用という「雇用世襲」[要出典]、国内新設0のような国内投資と雇用の衰退[1]、下請けの仕事を奪ったするなど[2]貴族労組が特に社会・経済問題になっている[3][4][5][6]。現代自動車労組は2018年3月までに1987年の創設以来4年間をのぞいて毎年ストライキを繰り返し「現代自動車の工場ラインは年に11ヶ月しか稼動しない」とまで言われている。2007年9月の労使合意では、労組は1997年以来10年ぶりにスト無しに年内の賃金・団体交渉の合意に至ったが、合意事項には「新車の生産工場と生産量を労使共同委員会で審議・議決する」「海外工場の新設・増設はもちろん、国内生産車種の海外移転や海外生産製品の第3国輸出までも労組の同意を受ける」という内容となっており、今後の工場建設や国内車種の海外移転、海外生産品の輸出に至るまで、組合員雇用に影響を及ぼす事案について労組の同意を必要とすることになるという、事実上現代自動車は経営権を労組に握られたに等しい状況となった[要出典]。現代自動車では組合による運動を回避するために海外生産を増やした結果、2009年に65パーセントだった韓国国内生産は、10年間で約30パーセントに低下した。元現代自労組委員長のイ・サンボムは2017年10月、組合による経営干渉によって企業の競争力が低下し、会社の発展を阻害した事を認めた[1]

wiki「労働貴族」

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8A%B4%E5%83%8D%E8%B2%B4%E6%97%8F

さすがのサムスンも昨今の業績悪化、先行き不安のあるところでの、この労組結成

あると思います

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA