韓国企業、19カ月連続で悲観的な景気見通し…「金融危機以来の最悪」 2019/11/28

文大統領
広告

#化学事業をするある大手企業は12月現在、年初に設定した業績目標を下回ることが確実視されている。同社の関係者は「原材料価格の上昇など外部要因に大きく影響を受ける事業の特性上、来年も業績が改善するとは考えにくい」とし「市場の状況が良くなるのを待つしかない」と話した。

今年1年間、韓国国内企業の景気見通しは一度も楽観的ではなかった。企業が予想する今後の景気は2008年の世界金融危機以来、最も悲観的だ。

全国経済人連合会傘下の韓国経済研究院が600大企業(売上高基準)を対象に実施した企業景況判断指数(BSI)調査の結果、今年の年平均BSIは90.8だった。これは2008年の世界金融危機(88.7)以来の最低値。

BSIは、100を超えれば今後景気が良くなると見る企業が悪くなると見る企業より多いことを意味し、100より低ければその反対を意味する。年平均値は2010年(108.2)以降、減少傾向が続いている。

12月の月別BSIは90だった。月別BSIは2018年5月から19カ月連続で100を下回っている。回答企業は企業心理が冷え込んでいる原因に、米国と中国の貿易紛争世界経済の減速による輸出不振を挙げた。輸出不振は結局、内需も冷え込ませ、これは設備投資、消費の減少につながる。

12月のBSIは内需(95.4)、輸出(94.6)、投資(93.4)、資金(95.4)、雇用(97.6)、採算性(92.2)、在庫(103.4、在庫は100を超えれば悲観的な回答の在庫過剰を意味する)などすべての部門で基準以下となった。

ただ、業種別には非製造業の内需分野で冬季の暖房需要増加と年末の製品販売増加が予想され、出版および記録物製作業(135.7)と電気・ガス業(122.2)などを中心に楽観的な見通しとなった。

韓国経済研究院がこの日BSIとともに発表した11月の業績値は90.7だった。業績値は2015年4月(101.3)から55カ月連続で基準を下回っている。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ雇用戦略室長は「今年に続いて来年も国際的な貿易紛争と世界経済の減速で企業の困難が予想される」とし「規制改革や投資誘引策の準備など政策的な支援が必要だ」と述べた。

https://japanese.joins.com/JArticle/260012?servcode=300&sectcode=300


 

2
2なら韓国破綻 
 
3
ま、セルフ自己制裁してりゃそうなるわなww
 
6
大手や銀行が潰れている訳でもないし、まだ大丈夫じゃね?
 
7
きっちりガード
 
13
左翼がどんなにフォローしようと、日本製品のボイコットに国民の7割が参加する韓国は敵国です
 
16
まだ金融危機レベルになってないなら、大丈夫大丈夫

17
定期的に破綻してんだろ。
もうIMFも日本も助けない、という状況にこそ青ざめろ。
一度だって自力で乗り越えたこともないくせに。
 
19
反日で経済なんて忘れてるから

幸せなこった
 
20
日本の輸出管理以前から墜落してんだから、
日本のせいにしないようにな?(笑)
 
25
ムンムン「正しい方向に進んでいるニダ」
 
30
死体を指差して活きがいいとか悪いとか
 
66
経済の天災ムンムンを信じろw
 
87
文在寅「一生懸命にがんばって生きてほしい」
 

管理人コメント

日本からの支援は迷惑と言われたので

期待しないでくださいね

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA