大韓航空、9906億ウォンで最も重要な事業部門である機内食・免税店事業を売却 2020/8/26

大韓航空機
広告

大韓航空が最も重要な事業部門である機内食と機内免税店事業部の売却を確定した。大韓航空は25日、韓国2位の私募ファンド(PEF)「ハンアンドカンパニー(Hahn&Company)」と機内食基板事業の営業譲渡契約を締結したと知らせた。この日、大韓航空は理事会を開いて関連案件を議決した。機内食基板事業の営業譲渡代金は9906億ウォン(約888憶円)であり、大韓航空はハンアンドカンパニーが設立する新設法人に事業を譲渡して新設法人の持分20%を取得することにした。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.08.26 08:42
https://s.japanese.joins.com/JArticle/269568?servcode=300&sectcode=320


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598399877/-100

 
5
まあ利用する事は無いから
 
15
焼石に…

16
そのうち大韓航空潰れるから、ムダ金だな
 
18
セルフ財閥解体だなw
 
21
機内免税店事業なんか売れるのか
売ったとこで航空会社がお前んとこから仕入れないよと言ったらゴミクズになりそうだけど
 
24
安心してください!
ナッツが提供されます
 
52
世界の航空会社が危機的状況。維持費用は馬鹿にならない
資金がないところや政府の支援が得られないところは大変だ
 
63
蛸が自分の足食ってる状態かw
 
82
ー 大韓航空が最も重要な事業部門である機内食と機内免税店事業部の売却を確定した。

え?大韓航空では航空機運行部門や整備部門よりそっちが大事なの?
 
 

スポンサーリンク

記事概要

タイトル通り


 

管理人コメント

アシアナの方にはずいぶんと税金突っ込んでるみたいだけどこっちはどうなんだろか

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA