与野党5党代表と会合 「強制徴用の大法院判決を尊重しなければ」 2019/11/11

徴用工問題
広告

文在寅(ムン・ジェイン)大統領が与野党5党代表に会って「日本の強制徴用に対する大法院(最高裁)判決を尊重しなければなければならないと思う」と述べた。文大統領は経済法案と選挙制改革に関連しても国会が迅速に動くことを呼びかけた。

文大統領は10日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で行われた与野党5党代表との晩餐会で日本の貿易報復の解決法について議論していたところ「韓国政府は最高裁判決を尊重しなければならない」としてこのように話したと正義党の沈相ジョン(シム・サンジョン)代表が聯合ニュースとの通話で明らかにした。

文大統領は「日本の経済侵奪と軍事情報包括保護協定(GSOMIA)問題は超党派的に協力する必要がある」として「GSOMIA問題のような場合は原則的なものではないか」と話したと沈代表は伝えた。

文大統領は「北朝鮮と米国の会談が失敗すれば局面が早く変わる可能性があるため、金剛山(クムガンサン)観光問題も制裁を迂回する方式で再開の立場を発表するなどの措置が必要だ」という沈代表の指摘に「北朝鮮と米国の会談が最初から決裂したりすると措置を取ったはずだが、北朝鮮と米国の会談が行われ米国が歩調を合わせてほしいと求めるからここまで来ることになった」と明らかにした。また「北朝鮮と米国の会談も時間が多くないというのは共感する」と述べた。

文大統領は経済問題に関して「今の弾力勤務制6カ月延長のようなものはちょっと労働界でも受け入れてくれないと」と述べ、「与野党が経済を心配するのは共通したことだから経済関連法案を迅速に処理してほしい」と呼びかけたと沈代表は話した。

(中略)

文大統領と与野党代表の青瓦台会合は日本の輸出規制措置の対応策を話し合うために行った7月18日会合以降115日ぶりだ。

晩餐会には共に民主党の李海チャン(イ・ヘチャン)代表、自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表、正しい未来党の孫鶴圭(ソン・ハッキュ)代表、正義党の沈相ジョン代表、民主平和党の鄭東泳代表が全員参加した。文大統領と党代表以外に盧英敏(ノ・ヨンミン)秘書室長だけが同席したと伝えられた。


中央日報/中央日報日本語版 2019.11.11 07:40
https://japanese.joins.com/JArticle/259437?servcode=200&sectcode=200


 

2
そもそも強制徴用ってなんですか?
 
3
その判決と法の有効範囲である韓国内で問題が解決され、韓国が外交に値する国であることを期待する世界の国々がその行動を見守ってるぞ
 
5
衰退していく国を憂うでもなく
呑気に過ごしているようで何よりだわ
 
11
徴用って国民の義務で最初から強制だろ
お前らは徴兵してるけど強制徴兵なんて言ってないよな
 
35
国際条約 >> 国内法

この大原則が理解出来ない蛮族には何も話すことはない。
 
37
国際法>>>国内法
未だに理解できないのが、元弁護士?
 
44
反日ポピュリズムに溺れて沈んでゆけ
 
45
判決を尊重するならさっさと差し押さえた資産を現金化しろよ
遠慮は無用だぞ
 
93
あの時代、日本人男性は徴兵されて戦場に送られていたが、
朝鮮人男性は徴兵されなかった
それなのに文句ばかりいうキチガイ
 

 
広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA