韓国音楽フェスティバルで「旭日旗」を持って闊歩した日本人 2019/6/11

旭日旗

韓国で開かれた大規模の音楽フェスティバル会場で日本の軍国主義の象徴である戦犯旗「旭日旗」に身を包んだ日本人が闊歩したことが分かり議論を呼んでいる。 

11日、誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授は自身のフェイスブックに「7~9日、京畿道龍仁(キョンギド・ヨンイン)で開かれた『ウルトラ・ミュージック・フェスティバル2019』である日本人が旭日旗を持って歩いていたという情報提供を幾度も受けた」と書いた。 

フェスティバルを訪れた観客によると、数人の日本人が旭日旗を振りながら行事場所を歩き、このために韓国観客らと衝突が起きたことが分かった。 

当時、観客はこの事実をフェスティバルの主催側に知らせて抗議したが、消極的な態度を見せていかなる措置も取らなかったと伝えられた。 

これに対して徐教授は「なぜこのようなことが韓国で起きるのか」として「フェスティバルの関係者は当然、このような状況を阻止すべきで、さらに反抗をするなら会場から引っ張り出すべきだった」と指摘した。 

また、「なぜなら、あの日本人が自国に戻って『韓国で旭日旗を広げても何の問題がなかった』という話を広めるのが明らかであるため」と説明した。 

彼はフェスティバルの主催側の公式謝罪と再発防止の約束を要求してせめて韓国でも「旭日旗禁止法」を制定する必要があると訴えた。 

https://news.livedoor.com/article/detail/16600446/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA