文正仁大統領特別補佐官「対話のために」と米国が差し押さえた北朝鮮船舶の釈放を主張 2019/6/18

なかよし

文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官が、非核化対話の再開のために米国が差し押さえた北朝鮮船舶「ワイズアーネスト」号を先に送還する必要があるという立場を明らかにして、議論が起きている。 

文特補は14日(現地時間)、米ニューヨークで開かれた民主平和統一諮問会議のニューヨーク協議会での講演で、「どうすれば今の膠着局面を克服できるのかというならば、まず、米国側では(米領)サモアに抑留されている北朝鮮の貨物船ワイズアーネスト号、この問題を解決する必要がある」と話した。さらに、「今のところ対話がないから(貨物船を)釈放することと関連した対話を米朝間で行う必要があるのではないか(と思う)」と明らかにしたと、自由アジア放送(RFA)が15日伝えた。 

これに先立って、米連邦検察は先月10日、当該船舶が制裁を回避して北朝鮮の石炭を輸送し、米国の国際緊急経済権限法(IEEPA)と国連安全保障理事会決議を違反したとして、差し押さえや没収措置に踏み切ったことを明らかにした。北朝鮮は14日、外務省報道官の談話を通じて、「強盗さながらの行為だ」と非難した。 

一方、文特補は講演で、金剛山(クムガンサン)観光再開に関連して、「中国人観光客は個人的に金剛山観光に行く。それなら韓国もできない理由がない」とし、「個別に観光し、お金を出すのは、国連安全保障理事会の制裁に反するものではないと受け止めるべきだ」と主張した。 

黃仁贊 

http://www.donga.com/jp/home/article/all/20190618/1764031/1/
東亜日報 June. 18, 2019 08:29

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA