日本外務省「韓国、北朝鮮違法積み替えの多国籍協力監視に参加していない」 2019/6/6

瀬取り

東アジア海上で北朝鮮の不法な船舶間積み替えを監視する国際共助に韓国は参加していないと日本政府が明らかにしました。韓国国防部は確認できないと答えました。パク・スンヒョク記者が取材しました。 

日本外務省は5日、対北朝鮮海上監視のための多国籍活動に韓国も参加しているか、とのVOAの問い合わせに、「韓国は参加せずにいる」と公式に回答しました。 

[日本外務省] “There is no record that South Korea dispatched an aircraft or a ship to engage in monitoring activities.” 

日本外務省はこの回答で「韓国が監視活動のために航空機や艦船を派遣した記録はない」と明らかにしました。日本外務省によれば日本、米国、英国、カナダ、フランス、オーストラリア、ニュージーランドなど7カ国は昨年初めから東シナ海と近海で北朝鮮の制裁回避行為を取り締まっています。 

日本外務省は参加国が海上哨戒機や護衛艦などを交代で派遣し、国連制裁違反の船舶間不法積み替え取り締まりに集中しているとし、詳細な作戦規模や期間などを外務省ウェブサイトに公開しています。 

日本の横須賀を母港とする米海軍第7艦隊もやはり作戦のために海洋警備隊所属バーソルフを西海(ソヘ、日本名:黄海)に投じたと5日、明らかにしました。 

これに先立ってイワヤ・タケシ(岩屋毅)日本防衛相は去る1日、北朝鮮の制裁回避に対応するために国際的な監視強化が必要だとし、「北朝鮮問題に直接関連した韓国、中国、ロシアなどに公共の利益のため一層さらに深い連帯を訴えたい」と話しました。 

一方、韓国国防部は対北朝鮮海上監視活動を行っているか、もしそうなら、どこの国と協力しているのか訊ねるVOAの質問に、「作戦保安事項」で答えられない、と明らかにしました。 

https://www.voakorea.com/a/4946819.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA