中国メディア「文大統領、『香港は中国の内政問題』と言った」…青瓦台は否定 2019/12/24

中韓首脳会談
広告

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は23日(現地時間)、中国・北京で行われた韓中首脳会談で、中国の習近平国家主席に対し、終末高高度防衛ミサイル(THAAD)問題に端を発する「限韓令」(韓流禁止令)の解除を要請した上で、「韓中交流が活気を取り戻し、両国の貿易が2000億ドル(約21兆8800億円)を超え、800万人を上回る国民が隣人のように両国を行き来している。しばらくお互い寂しい思いをするかもしれないが、両国関係は決して離れることができない」と述べた。韓国政府関係者は「中国がTHAAD報復を正式に認めないため、韓国政府も『寂しい』という表現で報復解除を遠回しに要請したものだ」と説明した。しかし、習近平主席は「(THAAD問題が)妥当に解決されるよう願う」と言った

 また、文在寅大統領は同日、習近平主席の訪韓を要請した。韓国政府は、来年4月に予定されている習近平主席の訪日に合わせて訪韓も実現させたいという考えだ。しかし、習近平主席は訪韓要請に対して、「前向きに検討する」という原則的な見解を表明した。そして、文在寅大統領にTHAAD問題の解決を要求すると共に、米国の中距離ミサイルを配備するのかどうか、韓国政府の見解をまとめるよう要求したとのことだ。外交消息筋は「中国は、習近平主席訪韓の条件としてTHAAD解決や中距離ミサイル配備拒否などを出してきた」「結局、韓米同盟の弱体化を狙っているものと見られる」と話す。

 さらに、習近平主席は米国の中距離ミサイル配備は韓中関係に役立たないとして、韓国政府に対して明確な見解を表明するよう要求したと言われる。韓国政府筋は「中距離ミサイルは特に中国の戦略兵器を狙ったものだけに、敏感に反応せざるを得ない」と言った。これに対して、文在寅大統領は明確な回答はしなかったという。だが、米国が実戦配備を要求することになれば、中国の強い反発と追加報復が続く可能性が高い。

 文在寅大統領は同日、習近平主席に「香港のことも、新疆(しんきょう)ウイグル自治区に関連する問題も、いずれも中国の内政問題だ」と語ったと中国共産党機関紙「人民日報」が報じた。これについて青瓦台は「習近平主席が香港問題・新疆ウイグル自治区問題について『内政問題だ』と説明した。文在寅大統領は習近平主席の言及を確かに聞いたという趣旨の発言をしただけだ」と説明した。これとは違い、日本の安倍晋三首相は同日、習近平主席との首脳会談で、香港問題などについて「大変憂慮している。自制した対応と事態の早期収拾を求める」と述べたと共同通信が報じた。

 このため、外交関係者の間からは「北朝鮮の人権問題に続き、国際的に議論になっている香港などの人権問題について、人権弁護士出身の文在寅大統領は中国政府を一方的に支持したのではないか」という声も上がっている。

 文在寅大統領はまた、習近平主席が2012年に発表した理念「中国夢(中国の夢)」に言及、「中国の一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)と韓国の新南方・新北方政策間の連携協力を模索することで合意した」とも述べた。

 しかし、文在寅大統領は今年6月にソウルで行われた韓米首脳会談後は「新南方政策とインド太平洋(Indo-Pacific)戦略の調和のとれた協力を推進する」と言っていた。

 韓中首脳会談終了後、青瓦台関係者は「対北朝鮮制裁緩和について、両首脳間でやり取りがあったか」という質問に、「(中露が国連に制裁緩和決議案を提出したことについて)我々も注目している」「韓半島の安保は厳しい状況にあって、さまざまな国際的努力が必要だ」と答えた。文在寅大統領は同日夕、成都に移動して中国の李克強首相と会談を行ったが、その会談でも「分断された南と北の鉄道・道路が完全につながり、韓半島から中国・ヨーロッパまで網目のようにつながるユーラシア物流血脈が完成すれば、多国間の平和安保体制に発展する基盤となるだろう」と言った。これに対して李克強首相は「中国も共に構想する用意がある」と答えた。文在寅大統領と李克強首相の同日の会談には、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官が7分遅れて到着した。

成都=鄭佑相(チョン・ウサン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/24/2019122480008.html


 

管理人コメント

習近平主席が香港問題・新疆ウイグル自治区問題について『内政問題だ』と説明した。文在寅大統領は習近平主席の言及を確かに聞いたという趣旨の発言をしただけだ

understandってやつかな

韓国じゃ完全に同意したって意味があるんじゃなかったか?

韓国政府「GSOMIA関連韓米間異見。米政府は確かにunderstandと言ったが、米国と韓国ではunderstandの意味が違う」 2019/8/27

中国の一帯一路(中国主導の新シルクロード構想)と韓国の新南方・新北方政策間の連携協力を模索することで合意

韓米首脳会談後は「新南方政策とインド太平洋(Indo-Pacific)戦略の調和のとれた協力を推進する」と言っていた

相変わらずの蝙蝠のようでw

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA