元慰安婦が来日し証言「慰安所は少女たちの死刑場と考えてください」…歯向かえば刀で切られ血を流しながら強姦される 2019/11/13

李玉善
広告

「ナヌムの家」記録映画上映会で李玉善さん講演
11/13(水) 16:10配信

「川崎から日本軍『慰安婦』問題の解決を求める市民の会」主催で、映画『まわり道』の上映会が10月5日に行なわれた。元日本軍「慰安婦」が共同生活するナヌムの家の20年間を記録した同作の初公開にあわせ、ナヌムの家から安信権所長や看護師に伴われて李玉善さんが来日。立ち見も含め180人が力強い証言に聞き入った。

 釜山生まれの李さんは現在92歳。1942年、14歳の時に奉公先で使いに出たところを見知らぬ男2人(日本人と韓国人)に捕まり中国の延吉にある日本軍飛行場に連行され、重労働を強いられながら強かんされた。1年後、延吉の慰安所に送られ、トミコと名付けられて性奴隷に。「幼い娘がどこにそんなもの(慰安所)があるか知るはずもない。日本政府が強制性はないと言うのは耐え難い」

 歯向かえば刀で切られ、血を流しながら強かんされる。死ねば大通りに捨てられ、犬に食べられた。

「慰安所というが、少女たちをコロす死刑場と考えてください」

 45年の解放後も中国で生き延びた。「顔に『慰安婦』の看板つけて、どうして親兄弟に会えるか」。

 2000年にナヌムの家に迎えられ、「同じ体験をしているから尊敬しあえる」仲間の中で、初めて過去を告白できた。「日本兵もある意味では国に強制された被害者かもしれない。それにしてもあまりにひどいことをした……」。

 求めるのは公式謝罪と賠償。「私が死んでも慰安婦問題は終わらない。私たちの歴史を否定することは許されない」。渦中の「表現の不自由展・その後」にも心を痛め、訴えた。「『少女像』は私たち自身です」。

 その「少女像」はいま韓国で120体。今後もナヌムの家の事業として国内外に増やし、日本では『まわり道』の上映運動に期待するという。来年1月には李さんの半生を描く漫画『草』の日本語版が出版される。フランスでも「ユマニテ漫画賞2019・特別賞」を受賞した注目の作品だ。

中村富美子・ジャーナリスト、2019年10月25日号)

週刊金曜日
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191113-00010000-kinyobi-soci


 

4
刀傷を見せてみろ
嘘つき売女
 
5
犬に食べられたwwwwww
 
13
ウソツキババア
証拠見せろや
 
14
植村編集長は朝日辞めても反日頑張ってますな
 
20
これ疑う事なく信じれるって凄いよチョンは
 
22
一切証拠がでてこない

「私が証拠だ」

ってことらしいが酷い扱いされたわりには90過ぎても
元気すぎる不自然さ
 
25
観客「すいません、ちょっといいですか。あのーその間に日本軍にいっぱいいた朝鮮人の将軍や将校や兵士は何をしてたんですか?」
 
26
異論を持ってる人と討論はしないよね
 
58
立場が危うくなるとトンズラする嘘つきBBAたちwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
 
 

 

管理人コメント

また嘘が重ねられました。

逆らうと殺されて犬に食べられたそうですよ。

親に会えなかったのは親に売られたからでは?

>求めるのは公式謝罪と賠償。

道義的責任を認め公式謝罪と慰安婦合意に基づいてお金も渡しています。

>少女像は私たち自身

ちがいますよ。アメリカ軍に殺された女の子ですよ。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA