「レーダー照射は危険を招く…現場で起きてはならない」 2019/12/25

レーダー照射問題低空飛行
広告

韓国との「わだかまり」は相変わらずの日本側

 昨年10月に韓国海軍が済州島沖で主催した国際観艦式において旭日旗掲揚を控えるよう要請したことを巡り、日本政府が依然として「残念さ」を感じていることが24日までに分かった。また、昨年12月に東海で低空飛行していた海上自衛隊の哨戒機に韓国の軍艦が攻撃用レーダーを照射したという、一方的な主張も続けている。軌道をそれた韓日関係はこの日、15カ月ぶりに実現した韓日首脳会談である程度復元したが、こうした「わだかまり」が残っている限り、関係改善がスピードアップするのは難しいという懸念が生じている。

 日本政府の関係者は、最近(今月12日)「韓日記者交流プログラム」で東京を訪れた韓国外交部(省に相当)記者団と対面し「レーダー照射は危険を招くものなので、現場で絶対にそうしたことが起こらないのでなければ防衛交流を再開できない」と語った。

 また、この関係者は「今年の春、シンガポールと韓国が(ADMMプラス〈拡大ASEAN=東南アジア諸国連合=国防相会合〉海洋安全保障EWG〈専門家作業部会〉の)共同議長で、自衛隊がシンガポールから釜山に向かおうとしたが旭日旗の問題で釜山に入るのが難しく、行かなかった。こうした事件がなくなればと思う」と語った。

東京=外交部共同取材団

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/25/2019122580014.html


 

管理人コメント

>韓国の軍艦が攻撃用レーダーを照射したという、一方的な主張も続けている

朝鮮日報でも、レーダー照射を日本側の一方的な言いがかりと認識しているようだ

首脳会談を開いたことで日韓の関係がある程度復元したという認識も驚き

この調子じゃまだまだ関係改善は望めませんなぁ

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA