世界各国が文大統領にラブコール 2019/6/14

文大統領

2019年6月13日、韓国・ソウル新聞によると、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の北欧3カ国歴訪をめぐり韓国内の一部から「旅行目的の出張だ」との批判が上がっていることについて、韓国外部が「変化した外交状況を知らないがための偏見だ」と指摘した。 

記事によると、韓国外交部は12日、「世界各国から殺到する大統領訪問要請に困惑している。韓国は世界10位内の経済強国としてほぼ全ての国から訪問要請を受けているが、大統領の任期中に全ての国を訪れることは物理的に不可能であるため、相手国が不快に感じないようフォローすることが重要な業務になっている」と説明した。 

また、「朝鮮半島の平和ムード、5Gを中心とした未来産業協力、急速な産業発展経験の共有などを目的に、以前よりはるかに多くの国が韓国の首脳の訪問を望んでいる」とし、「北欧も平和ロードマップと未来産業協力の面で重要なパートナーだ」と話した。 

昨年7月にはルクセンブルクのベッテル首相が18年ぶりに、今年3月にはベルギーのフィリップ国王が27年ぶりに訪韓したという。 

大統領への訪問要請が消化しきれない量に達したため、韓国外交部は今年から戦略として「ツートップ外交」を掲げているという。これは、大統領の訪問が難しい国は国務総理が代わりに訪問するというもの。 

ただ、外交部関係者は「実際は国会議長まで加わったスリートップ外交を行っても不十分な状況」と話したという。 

これを受け、韓国のネットユーザーからは 

「これが大韓民国の力。もっと自信を持とう」 
「前大統領は自分が楽しむために海外に行っていたけど、文大統領は違う」 
「やっぱり現政権の外交は最高だ」 

などと喜ぶ声が多数上がっている。 一方で 

「海外旅行を楽しむためのうそでは?」 
「周辺の4大強国との外交をしっかりしてほしい。今は仲間外れ状態だよ」 
「韓国経済の状況を考えて。外国に行っている場合ではない」 

などと指摘する声も寄せられている。 

2019年6月14日(金) 7時10分 
https://www.recordchina.co.jp/b720488-s0-c10-d0058.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA