【国連批判】韓国政府、DMZ出入り許可問題めぐり「国連軍司令部は軍事的事案のみ決定すべき」韓国政府の通知だけで完了を要請 2020/10/5

DMZ韓国側GP
広告

チョン・ヘチョル議員の停戦協定関連質疑に
国防・統一部、初めて公式立場を表明 
昨年の聖火リレー不許可などの事例 
不適切であることが明らかになり 
チョン議員「非軍事目的の場合は届け出制に」

 在韓国連軍司令部が非武装地帯(DMZ)への出入りを許可するかどうかを決定する際、「軍事的性質に属する」もののみ判断を下すべきだという国防部の公式的な有権解釈が出た。これまで国連軍司令部が非軍事目的の出入りまで許可しないなど、越権を越えて主権侵害を行っているという指摘が相次いだが、韓国政府がこの問題について初めて明確な立場を示したのだ。

 国防部は先月30日、チョン・ヘチョル共に民主党議員に提出した資料で、「非武装地帯への出入り承認に対する国連軍司令部の権限は軍事的なものだけに属すると解釈できるか」について、「停戦協定の序文には『純粋に軍事的性質に属するもの』と明示されている」と明らかにした。これまで国防部は、同じ質問に対して即答を避け、「国連軍司令部は停戦協定に基づき、非武装地帯の出入りおよび軍事境界線(MDL)の通過などに対する承認の権限を保有する」とし、事実上国連軍司令部の“包括的”権限を認める趣旨で答えてきた。統一部は同日、チョン議員に提出した資料で「2018年以降、国連軍司令部は『安全』などを理由に南北交流協力事業に関連するDMZ/MDLの通過を拒否したことがある」とし、「停戦協定では国連軍司令部の権限に対して『純粋に軍事的性質に属するもの』と規定しているだけに、このような国連軍司令部の措置は停戦協定の趣旨に合わないもの」だと答えた。現在、国防部、統一部、外交部など関係省庁の実務者は随時集まって、国連軍司令部の協力を引き出すための方策を議論している。

 停戦協定の序文と第1条7~9項の内容を総合すると、国連軍司令部軍事停戦委員会は「軍事的性質に属する」事案に限り、非武装地帯への出入りを許可するかどうかを決定できるが、特別な基準なしに非軍事的な出入りも制限し、数回にわたり議論を呼んできた。2018年8月、南北鉄道の京義線北側区間の現地調査の通行▽2019年2月、金剛山(クムガンサン)での南北民間行事の取材装備の持ち出し▽2019年6月、泰封国鉄原城跡の南側地域の現地調査▽2019年6月、韓独統一諮問委員会の高城(コソン)監視警戒所訪問▽2019年8月、統一部長官の大成洞(テソンドン)村訪問時の記者団の出入り▽2019年10月、全国体育大会100回記念共同警備区域の聖火リレーなどをいずれも許可しなかったのが代表的な事例だ。

 韓国政府関係者は「国連司令部で(出入りの承認を拒否する度に)“安全”なのかを証明しろと言うが、明確な基準がない」とし、「すでに国防部は非武装地帯で未確認、流失地雷から安全が確保された所に限って(出入りの)承認を要請しており、安全問題も国防部が全面的に責任を負っている状況」だと述べた。国連軍司令部が“安全”を理由に出入りを許可しない理由はないという話だ。チョン・ヘチョル議員は「純粋に軍事的な性質に該当する極めて例外的な事由に該当しない限り、韓国政府の通知だけで完了する届け出制で運用されるよう、国連軍司令部と協議し、別途の協定を締結することも一つの案として検討できる」と述べた。

ノ・ジウォン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)

ハンギョレ新聞 10/5(月) 8:42
https://news.yahoo.co.jp/articles/44d2f576c044327d2c573889cd8b9e4cc250f03a

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/37914.html


記事・コメント抽出元
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601856419/-100

4
北への密輸を認めろとな

8
瀬取りに疲れちゃったニダ
陸送したいニダ

9
ホワイト国指定問題といい、はなから不正する気満々で規制を緩めろって言ってるからな

11
北は韓国でなく国連軍を相手に休戦協定を結んでいる状態だし
双方が主権を主張する領域へ南北がめいめいの一存で入り込んだら
たとえ非軍事的なつもりの活動であっても誤射一発で戦争に広がりうるだろうが
最近も頃されたばっかなのにアホなの

16
そもそも韓国は停戦協定にサインしてないでしょ(笑)。

17
「軍が管理しているエリアで非軍事の活動をしたいから口を出すな」
どう説明しても話が通じ無いレベルでバカなのが一発で分かるから
国連軍の担当者はため息付いているだろうな

18
戦闘状態にある地域に非戦闘員が行くことがおかしいと考えないのか

20
DMZ=非武装地帯

DMZという概念がそもそも軍事的。
不測の戦闘などを警戒する地帯では、飯の炊き出しから糞の始末に至るまで、すべてが軍事的行為とされて、軍人が自ら行うことも珍しくない。

今回のポイントは「軍事的性質」の「性質」という用語。
こうした曖昧性のある言葉を持ち込むことで、概念のすり替えを狙っている。
汚い詭弁の典型だよ。

気をつけろ!
と言いたいが、この民族には理性的判断は無理だろうな。

26
マッチとライターは持たないから
火薬庫へ好きに出入りさせろてか
アメリカも誰の為に管理してやってるんだと
呆れるだろうな

28
もう韓国は国際社会からも遊離して自由に生きろ
日本もアメリカももう知らん

31
自国民射殺され焼却されてコレw

スジガネだなw

36
DMZへ気軽に入ろうとするなよw
非軍事目的ならなおさらだろw
何のためのDMZだよw

37
移管されるまでは作戦権と同じで国連軍が決めるんだよ
そもそも韓国が権利を放棄して国連軍と北朝鮮が決めたことだ
そのあと国連軍から権利を移管されたか
勝手に解釈するなよ。こいつら条約や合意をほんと都合よく
好き勝手にいじるよな

38
まず記事のこの部分がおかしい。
>「非武装地帯への出入り承認に対する国連軍司令部の権限は軍事的なものだけに属すると解釈できるか」について、「停戦協定の序文には『純粋に軍事的性質に属するもの』と明示されている」と明らかにした。

明らかにしたも何も、停戦協定文書は秘密文書でないからいつでも読めただろ。
更に次に記事で書いてあるこれまでの政府解釈は、まとも。すなわち、

>これまで国防部は、同じ質問に対して即答を避け、「国連軍司令部は停戦協定に基づき、非武装地帯の出入りおよび軍事境界線(MDL)の通過などに対する承認の権限を保有する」とし、事実上国連軍司令部の“包括的”権限を認める趣旨で答えてきた。

即答がどうとか修飾を無くせば当たり前の返事をしている。
要は終戦でなく停戦だから、国境を線でなく帯にして無人地帯を作りましょう、そうして突発的軍事危機を防ぎましょうって協定。
軍事に関係ないなら入っていいだろとか、協定文書を根本的に理解していない。

44
お花畑は今も満開です


スポンサーリンク



記事概要

南北間の非武装地帯DMZへの出入りの許可を国連軍が判断している現状に韓国不満

停戦協定には「純粋に軍事的性質に属するもの」の出入りが禁止とされているが非軍事的なものまで認められていない

純粋に軍事的な性質に属さないものは韓国政府の通知だけで完了するよう別の協定を結ぼうとする動きも


管理人コメント

よっぽど北朝鮮と交流したいんだねぇ

相手にされてないのに

まぁだからこそ物資の横流ししてご機嫌取りたいんだろう

DMZとはいえ今年も北朝鮮からの銃撃事件があったのにね

国民の命<北朝鮮


関連記事

北朝鮮から韓国側に銃撃 2020/5/3

K6(12.7ミリ)の2倍の破壊力 14.5ミリ高射銃で1.5キロ以上離れた韓国哨所に4発命中させたのに「誤射」? 2020/5/5

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA