【軍事】 「マティス氏、2017年に北朝鮮を核攻撃するか悩んだ」 2020/9/17

マティス前国防長官
広告

「ウォーターゲート事件」のスクープ記者で、このほど新刊『RAGE(怒り)』を出版したボブ・ウッドワード氏は14日(現地時間)、米公共ラジオNPRとのインタビューで、ジェームズ・マティス米国防長官=当時=が2017年、北朝鮮に核を使用しなければならない可能性を念頭に置いて悩んでいたと明らかにした。

NPRの司会者メアリー・ルイーズ・ケリー記者が「彼(マティス氏)は自分が北朝鮮に対する核攻撃を命令しなければならないのだろうかと懸念した」と言うと、ウッドワード氏は「その通りだ」と言った。ウッドワード氏はまた、「北朝鮮はおそらく20-30個(a couple of dozen)の核兵器をうまく隠し、隠ぺいして持っている」とも語った。

ウッドワード氏はインタビューで、「私は(著書で)マティスが『誰も数百万人の人を焼却(incinerate)する権利はない』と言ったと引用したが、彼は(2017年当時)それに直面しなければならなかった」と語った。ウッドワード氏は著書『RAGE』で、「マティス氏は北朝鮮の脅威のため、大統領に核兵器の使用を勧めなければならない状況が来た時に備えて、自分自身に『そうしなければならなくなったたら、どうするだろうか?お前は数百万人を焼却することになるだろう』と苦悩した」と書いた。

また、「(核兵器)使用は正気のさたではないと彼(マティス氏)は分かっていたが、米国を守るために、考えられないことを本当に考えなければならなかった」とも書いた。

ウッドワード氏はトランプ大統領に18回インタビューした後、この本を出版した。

ウッドワード氏はさらに、「彼(マティス氏)は、トランプ大統領は北朝鮮に対し先制攻撃をするだろうとは思っていなかったが、そうした戦争のための複数の計画は棚の上にあった。(米ネブラスカ州)オマハの戦略司令部は北朝鮮政権交代のため作戦計画5027-80個の核兵器の使用を含む可能性のある、攻撃に対する米国の対応を注意深く検討し、研究した」と書いた。

2017年は北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射などで米朝間の緊張がピークに達した時期だ。米国は2017年9月に戦略爆撃機B-1Bランサーなどを北方限界線(NLL)を越えて飛ばし、北朝鮮側の公海上を脅かす飛行をした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/e3cf8a6ce1bbd96c3d458482584df9969955924f?page=1

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/09/17/2020091780007.html


記事・コメント抽出元
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600303138/-100

2
(=゚ω゚)ノ 悩むことはなかったのに。ヤフでぽちっとするように押せばよかったのだ

5
悩んだ時は、まず実行してから後のことを考えれば良かったのに
やってれば、今頃は全部解決済み

6
ソウルとピョンヤンて近いんでしょ?

7
(*゚∀゚)悩むよね

放置すれば数億人が人質に取られる恐れがあるんだからろ

11
ポチッてたら今の世の中もっとましになってたのかなぁ?、どうなんだろう

18
核攻撃して後処理に頭悩ますよりも自滅の方向に向かってる現在の方が理想だよな
費用も掛からないし

21
省略されてるけど、原文後半のここが面白かったけどね
(`・∀・´)
韓国政府の「誤訳だ」主張をめった切りw

 ウッドワード氏の著書の内容と関連して、本紙など国内メディアが「2017年に米国が作戦計画5027を検討した。ここには核兵器80個使用の可能性が含まれていた」と報道するや、青瓦台関係者は15日、「誤訳だと聞いている」と言ったが、後に「(著書の)全文が出版されたら確認してほしい」と訂正した。

 しかし、エバンス・リビア元米国務副次官補(東アジア・太平洋担当)は「80個の核兵器の使用」の意味に対する本紙の質問に、「私はウッドワード氏の言及が北朝鮮の差し迫った対米攻撃に対処するため最大80個の核兵器を動員する米国の先制攻撃を指すものと理解した」「北朝鮮が80個の運搬可能な(deliverable)核兵器を持っていると考える人を知らないので、その語句が平壌(北朝鮮)の能力を指す可能性はほとんどない」と語った。米国が核兵器80個の使用を検討したという翻訳が正しいということだ。

 日本の読売新聞も16日、『RAGE』の内容について、「2017年、米軍の作戦計画に、北朝鮮への核兵器80発の使用が含まれていたと明かした」と報道した。共同通信・時事通信・TBSなども同じ脈絡で報道した。英字メディアNKニュースも「米国が北朝鮮を最大80個の核兵器で攻撃する計画を検討した」と報道した。

 米国の専門家らは今月14日、青瓦台が「韓半島(朝鮮半島)内の武力使用は韓国の同意なしには不可能である」と明らかにしたことについても意見を示した。米ヘリテージ財団のブルース・クリングナー上級研究員は「米国の核兵器統制は米大統領の独占的権限下にある」と語った。エバンス・リビア元米国務副次官補も「いくら近しい同盟でも、米国が自国を保護する能力に拒否権を行使することを可能にする米大統領はいない」と述べた。

ワシントン=金真明(キム・ジンミョン)特派員

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
Copyright (c) Chosunonline.com

22
黒電話「ちょっとマティス!」

30
やっぱりアメリカは
北に対して核を使うときは
数十発の全面核爆撃を選択するんだな。
中途半端では危険だから、
やるかやらないかの二択になる。

42
一旦滅ぼしても北の地に中国が入るか韓国が入るかで揉めて振り出しに戻りそうな気もする

51
そうやって叩くチャンスを先延ばしにすることによって北が本当に力を付けて行くこともまた事実である。
気が付いた時にはもはや本当に手が付けられなくなっているだろう。
いや既にそうかも知れないが、とにかくとっとと叩いておくのに遅すぎるということはない。

 55
 >>51
 ほんとは核施設を動かして戦争直前になったクリントンのときに
 やっとくべきだったな。
 あの時ならウランの施設の爆撃だけで
 ほとんど死人は出なかった。
 あれを躊躇したために今は数百万人が死ぬ。

66
北がIAEAの職員を追い出して監視カメラを止めたときがあった。
あの時点で行動しなかったから今がある。

78
ピンポイント爆撃ではなくいきなり焦土作戦だったのか?


スポンサーリンク




記事概要

新刊『RAGE(怒り)』を出版したボブ・ウッドワード氏がラジオ番組で発言

2017年に北朝鮮のICBM発射などで米朝間の緊張がピークに達した時期に、マティス国防長官は核兵器を使用しなければならない可能性を念頭に悩んでいた

また朝鮮日報は『RAGE』の「米国が80個の核兵器使用を検討」との記述に関し、誤訳との指摘が青瓦台からされたが、誤訳ではないと記事で主張


管理人コメント

2017年もそうだけど、米朝対立が決定的になるタイミングがいくつもあったが、結局経済的に干上がらせる方法を選んだわけだ

けど結局どうなったかはご承知の通り

どこぞの国が瀬取りやらで援助し続け、北の民衆の苦しみは続き、核開発は着実に進んでしまった


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA