「寝て起きたら合意」…韓国専攻医が反発、スト強行を予告 2020/9/4

専攻医業務開始命令の履行状況点検
広告

医療界と政府・与党の間の合意をめぐり混乱が続いている。大韓医師協会が与党・共に民主党、保健福祉部とそれぞれ合意文を用意した中、専攻医側が反発したのだ。

大韓医師協会と共に民主党は4日午前10時ごろ、民主党本部で合意内容が書かれた履行確認書締結式を開いた。

双方は新型コロナの感染拡大が落ち着くまで関連の議論を中断し、後に協議体を構成して法案を中心に原点から再議論するという内容の合意文に署名した。

合意文には▼医大の定員拡大・公共医大の新設の推進は新型コロナ安定まで議論を中断し、後に協議体を構成して原点から再議論▼公共保険医療機関の競争力確保と医療の質改善のための十分な予算確保▼専攻医の修練環境および専任医の勤労条件改善に向けた支援策の用意▼新型コロナ危機克服のための相互協調および医療関係者保護および医療機関支援対策の準備▼保健福祉部-医師協間の合意事項の尊重および履行のための努力--の5つの項目が盛り込まれた。

韓貞愛(ハン・ジョンエ)民主党政策委員会議長は「未明まで党と大韓医師協会、そして政府と医師協会の間の合意書を検討し、要求事項を適切に調整し、均衡点を見いだす過程があった」とし「今日の合意は、わが党が医師協会と締結する政策に関連する履行協約書」と述べた。続いて「交渉の進行過程にも専攻医協議会はじめ、専任医協議会を訪ねて話をした」とし「あらゆる事項を考慮し、バランスよく我々が推進する内容を盛り込んだ」と話した。

崔大集(チェ・デジプ)医師協会長は「撤回は含まれていないが、中断後に原点から再検討するというのは事実上同じ意味だと考えられ、うまく作成された協議案」とし「徹底的に履行されるよう最善の努力をしてほしい」と述べた。

保健福祉部も4日午後1時ごろ、医師協に会い、別途の署名式を進める予定だ。政府と医師協の合意文には「医大の定員拡大と公共医大の新設の推進はコロナ拡大が安定化するまで関連議論を中断し、コロナ安定化後に協議体を構成し、法案を中心に原点からあらゆる可能性を開いて再議論する。ただ、議論中には関連立法の推進を強行しない」という内容がある。

これを受け、先月21日から続いた医療界の集団休診が一段落するという期待が出ている。

しかし大韓専攻医協議会と専攻医・専任医・医大生などで構成された若手医師非常対策委員会側は「合意が妥結したことはない」という立場を明らかにしている。この日午前、大韓専攻医協議会のパク・ジヒョン非常対策委員長はツイッターに「寝て起きたら私が知らない報道資料が出ていた」とし「会長が無視されたのか、虚偽報道資料をまいたのか。私なしに合意文を進めるというのか」とコメントした。会員に送った公示文では「汎闘委(汎医療界4大悪阻止闘争特別委員会)交渉チームに最終合意文を政策撤回および原点からの再議論を含めて提出した」とし「汎闘委の議決は『単一化された合意案を導き出すこと』を議決したものであり、確定した合意案を議決して印を押すことをすべて決定したものではない」と明らかにした。また「我々が正しいと信じる、過去とは違う方法でずっと進めていく」と述べ、スト持続方針を示唆した。

若手医師非常対策委の関係者はこれに関連し「内部で意見を集めている」とし「12時半ごろインスタグラムライブを通じて整理された立場を明らかにする」と述べた。

こうした状況のためか、医師協-政府間の署名式は当初午前11時に予定されていたが、午後1時に変更された。福祉部側は「医師協など医師団体の中で意見を集めて議論する時間が必要だということで時間が延ばされた」と明らかにした。

https://japanese.joins.com/JArticle/269906


記事概要

韓国での医療ストが政府合意で中断と見られたが、専攻医団体が反発しスト継続を示唆

大韓医師協会が与党とまとめた合意案は、政府法案の撤回ではなく再度協議することを約束するものではあったが、医師協会は評価しストを撤回

しかし専攻医団体は協議をまったく知らされておらず反発


管理人コメント

政府が譲歩ともとれるが、専攻医側の政策の撤回ではないことへの懸念もわかる

しかしこのコロナの状況で突っ張るのも得策ではなかろう

多分一番の問題は専攻医側が協議についてまったく知らされていなかったということだろう

ハブられたというプライドの問題になっちゃったのでは?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA