【日本製バルブ】 韓国「関税撤廃は予定通りしただけなのに…」~日本政府のおかしな『精神勝利』 2020/8/20

空気圧バルブ
広告

19日、日本経済産業省が報道資料を一つ出した。韓国が日本製空気圧伝送用バルブに高い関税をかけた措置をこの日0時を期して止め、これに対して「世界貿易機構(WTO)紛争で勝ったおかげ」と自画自賛する内容だった。産経新聞と共同通信などはこの資料に基づき「韓国がWTO紛争で日本に負けた後、関連関税を撤廃した。これは日本政府の成果」と報道した。

しかし、日本政府のこのような説明は全く事実と異なるというのが産業通商資源部の説明だ。むしろ真実は正反対に近いという分析が出ている。WTO紛争で敗北した日本政府が『精神勝利』する口実を探して韓国政府の予定された措置について「勝った」と説明したということだ。

これを理解するには空気圧伝送用バルブとは何で、これをめぐる韓日紛争がどのように展開したのか知らなければならない。韓国は2015年、日本製空気圧伝送用バルブが過度に安い価格で販売され、国内産業競争力を害するという理由で11.66~22.77%の反ダンピング関税を課した。

空気圧伝送用バルブは圧縮空気を伝送して機械運動に関与する部品だ。自動車や一般機械、電子製品などに使われる。当時、該当部品の国内市場で日本製の比重は70%を越えた。高率関税を負担することになった日本は関税賦課措置に対し2016年「WTO協定に反する可能性がある」としてWTOに提訴した。

WTOは昨年9月、事実上韓国の手をあげた判定の結論は「韓国の税金賦課を撤廃する必要はないが、一部問題があり、これを是正して再び賦課しなさい」という事に要約される。ある部分では勝ち、ある争点では負けたが、関税自体を撤廃せよとの要求がなかっただけに、韓国の勝利に近いというのが専門家たちの分析だ。

ただし韓国はもちろん日本までも「私たちが勝った」と結果を広報した。WTOにはこのような紛争がしばしば提起されるが、一方的な勝利や敗北と結論が出るのは珍しい。このように「部分勝訴・敗訴」の結論が出ると該当国家は互いに「勝った」と発表する。米中貿易紛争でも両国商務部はいつもこのような形で公表してきた。ここまでは一般的に起きることだ。

日本政府、とんでもない「精神勝利」

その後1年近い時間が過ぎた。韓国政府はWTOが指摘した不十分な部分を補完して全て履行した。これに伴い、日本製空気圧バルブに高率関税をかける措置も以前と同じ方式で『正当に』維持された。ところが時間がたち高率関税措置が自主的に終了する時点が近づいてきた。WTO協定と国内関税法によれば一般的なダンピング防止関税賦課措置は原則的に5年単位で賦課できる。これに伴い、2015年8月19日から課し始めたこの関税も去る19日0時付けで『自動廃止』になるわけだ。

ところが自動廃止措置された日、日本政府はこれについて「私たちがWTOで勝ったので韓国政府が泣く泣く関税を廃止した」というような報道資料を出した。WTO紛争で事実上負けたのに、全く関係ない韓国政府の自動的な措置を「私たちが勝った証拠」と主張したのだ。

産業部はこの日、説明資料を出して「日本側の主張と異なり私たちがWTOで勝ったうえ、WTOが日本の主張を受け入れた部分については誠実に履行を完了して日本とWTOに通知した。反ダンピング措置終了は賦課期間経過に従ったもので国内生産者が再審要請をしなかったため」といった。

ある通商スペシャリストは「通商関連事案を自国に有利に説明するのは一般的なことだが今回は日本政府がちょっと無理なようだ。こういう『無理な方法』をとった背景には不明瞭な日本国内の雰囲気も反映されたのだろう」と説明した。

ソン・スヨン記者

ソース:韓国経済(韓国語)”そのまま予定通りにしたことだが”…日本政府のおかしな’精神勝利’
https://www.hankyung.com/economy/article/202008205857i


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1597905801/-100

 
4
で、どのあたりが精神的勝利なのか?
 
5
うはは、くやしいのぅくやしいのぅw
予定どおりなら、なぜ関税延長しなかった?
撤廃しておきながら精神的勝利してんのはバ韓国、お前らだw
 
6
こんな記事書くほど悔しかったんだなw

7
精神勝利

韓国特有の考え方だね

8
いやいやお前ら最初から負けだったんだよ(笑)

9
日本に精神勝利言われて悔しいまで読んだ
 
12
無様な韓国の説明
 
18
で、結局関税の掛け直しはするの?
 
20
自分達のやってることが正にその精神勝利とやらなんだけどそれに気付いてないのが実に愚かで韓国らしいな
 
25
ルール違反をWTOに是正勧告され、さらにルール違反を重ねて期限まで撤廃しなかった。
ルール違反者との間に勝敗は存在しない。ただ韓国が卑怯なだけ。
 
28
精神勝利の意味がわからんのに無理して使うなよ
吐き気がするようななにいいたいかわからん文章だ
 
31
これで韓国国民が騙されるんだから韓国のブンヤってのは気楽な商売だよな
 
39
不当廉売で韓国企業に影響が出てるんだろ?
なら関税撤廃したらダメじゃんw
なんで撤廃するんだよ
 
41
負けてない!延長しなかっただけ!って言うためにここまで粘っただけ

42
「あいつは精神的勝利に浸ってる」っていつも言われる立場だから
一度他国、特に日本に対して使ってみたかったんだろうな
全く的外れだけどw
 
51
やめる必要ないのに
関税下げた時点で負けてるやん
嘘に嘘を塗り重ねるいつもの嘘つき国家らしいな
 
56
肉を切らせて骨を断たれたニダ
 
67
その1

韓国による日本へのWTOバルブ訴訟

2014年02月21日より韓国…日本製空気圧伝送用バルブに対するアンチダンピング課税調査を開始

2015年01月20日韓国貿易委員会…日本製空気圧バルブのダンピングによる被害断定

2015年08月19日韓国企画財政部…5年間(2015年8月19日~2020年8月18日)日本の企業1社に11.66%と2社22.77%のAD関税を賦課決定

2016年03月15日本WTO提訴

2018年04月12日パネル(小委員会)…韓国の措置を協定違反として主要部分で日本勝訴と判定(韓国側の調査手続き上の問題については「権限外」)

2018年05月28日・同年06月04日日本…上訴の申立て(権限外は不当として)

2019年09月11日最終審(上級委員会)…韓国の関税是正を「勧告」…事実上の日本勝訴が確定した(権限外としたパネルの見解を取り消した…韓国が応じない場合…日本は対抗措置を実施可能)

2019年11月14日韓国は日本が勝訴した3項目については履行期間内(2019年09月30日~2020年05月30日)に補完を合意した
尚…13項目のうち10項目はドローだったものを韓国は勝訴とのたまった)
 
72
その2

2020年05月21日韓国貿易委員会…利害関係者の意見聴取を通じ「WTO判断の履行報告書」を採択した(分析により韓国の産業に被害の確認)…同時に企画財政部長官に提出

2020年05月29日企画財政部…同報告書を官報に掲載した
内容
1. 本アンチダンピング措置の再調査を行い…協定不整合であった部分を是正したうえで…課税を継続する
2. 本アンチダンピング措置は…5年の期間が満了する今年08月19日午前0時をもって終了する

2020年06月15日日本は関税譲許その他の義務の停止(いわゆる対抗措置)の権利を保全する手続をとり…措置の早期撤廃を促した

2020年08月19日0時韓国産業資源部は日本製産業用バルブへの反ダンピング課税を撤廃した

2020年08月19日経済産業省はWTO紛争解決手続きを通じ「問題措置の早期解消につながった」と評価する一方「韓国が本来の是正期限を超えて課税を継続したことについては…是正勧告の誠実な履行とは言えず…遺憾だ」というコメントを出した


2019年09月11日の勧告時…韓国政府は自国のメディアに…13項目のうち10項目はドローだったものを勝訴とのたまった
更に2019年11月14日韓国側は今年05月中迄に課税措置の撤廃を表明したが…さらに自国の正当性を主張し…すぐには課税をやめなかった
08月18日の期間満了までは課税を続け…延長はしないという形を取った
 
90
どこの平行世界の話してるんだろ。
 
 

スポンサーリンク

記事概要

韓国が日本製産業用バルブへの関税を撤廃した件について日本が勝利宣言

韓国側はそれを「精神勝利」と批判

韓国が関税を撤廃したのは自動的な終了であって、WTOで敗訴したからではない

韓国はWTOで勝っていた

通商スペシャリスト「日本はちょっと無理なようだ」


 

管理人コメント

精神勝利って言われて悔しかったのか?

オウム返しすればいいってもんじゃないぞ

裁判で勝っていたなら関税をやめる必要なくない?

期限がこようが、日本が廉価販売しているというのなら関税かけなきゃ

そのためにかけてたんだろ

状況が変わってないのに関税撤廃して勝利宣言って、どっちが精神勝利なんだか

 

関連記事

【韓国】WTOで日本に“敗訴”した産業用バルブ課税を撤廃 2020/8/19

【過去記事】日本製バルブ関税巡る紛争 WTOで韓国の「判定勝ち」確定  2019/9/30

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA