文大統領「我々は日本とは別の道を行く」 2020/7/9

文大統領
広告

機械翻訳

ドア大統領「私たちは、日本と他の道行く」
記事入力2020.07.09。12:15

ムン・ジェイン大統領が日本の不当な輸出規制1年を迎え、危機をうまく克服したとしても、素材・部品・機器産業で日本と別の道を行くと明らかにした。過去日本などに依存していた守勢的対応で、私たちが牛部長グローバル大国になって、世界中のサプライチェーンの安定に寄与して協力する長さという説明だ。

ドア大統領は9日午前、大韓民国素材部品機器産業現場の一つである京畿道利川のSKハイニックスを訪問し、このように明らかにした。ドア大統領は「日本の不当な輸出規制措置が1年目続いています。私たちの経済に大きな打撃になるだろうという懸念があったが、官民が渾然一体となって、今まで一件生産滞りなく危機をうまく克服してきた」とし、「その成果を国民に申し上げ、「素材・部品・機器2.0戦略」を新たに見たい」と述べた。

彼は「K-防疫」が世界の標準になったかのように「素材・部品・機器産業」でも、世界をリードすることができると主張した。この日発表した「素材・部品・機器2.0戦略」が、これまでの成果をベースに、「水洗的な対応」でさらに一歩進ん「跳躍」に政策を転換する内容とした。

特にドア大統領は、「私たちは、日本と他の道」を歩く」とし「大韓民国は危機をむしろチャンスにして、「グローバル先端素材・部品・機器大国」に跳躍していく」と述べた。彼は「彼と一緒にグローバルなサプライチェーンの安定に寄与し、国際社会と協力していく」とし、 “これが私たちが行こうとする、「韓国の道」」と強調した。

大統領は共存協力の果敢な投資を決定したSKハイニックスをはじめ、過去1年間、素材・部品・機器の自立のために頑張ってくれた企業と力を合わせてくださった国民に深く感謝ドゥリンダゴ挨拶した。

ドア大統領は、わずか1年で、日本に依存していた「フッ化水素ガス」と「不和ポリイミド」の国産化に成功し、「フッ酸液」を二倍以上生産できるようになったと「EUVレジスト」もグローバル企業の投資を誘致して供給安定化を成し遂げたと主張した。政府も2組以上の「小部長特別会計」を新設し、集中投資し、許認可期間を大幅に短縮するなど、特定の国に依存だったサプライチェーンを新しく構築した自評した。大統領は、需要の大企業と素材・部品・機器を供給している中小企業間の新たな「共生協力モデル」も定着したと評価した。

ドア大統領はこの日に締結される「電子業界国内復帰活性化」、「容認半導体クラスターの造成」、「外国人投資企業と国内小部長企業間の共生協約」など、「共生協約」を提示しながら、「何よりも、「してみるとなったよ」自信を得たことが大きい」と強調した。

ドア大統領は「グローバルなサプライチェーンの再編に揺れず、むしろ機会にしよためには、自らの「グローバル先端素材・部品・機器大国」に跳躍していなければならない」とし「同時にグローバルなサプライチェーンの安定のために、国際社会と協力しなければならない」と提案した。ドア大統領は、その目標込められた「素材・部品・機器2.0戦略」と関連して、三つを挙げている。彼はまず、「グローバル素材・部品・機器産業強国」になりたいと△これまで日本を対象にしたコア管理アイテム100個を全世界対象に拡大、338個大幅に増加△「小部長一番企業」100個を選定し、世界市場をリードする企業として育成△「デジタルサプライチェーン」と「スマート物流体系」の構築△」素材革新AIプラットフォーム」に費用時間70%以上短縮などを提示した。

第二にドア大統領は先端産業の誘致とUターンに「先端産業の世界工場」になりたいと半導体、バイオ、未来の車、水素、二次電池のような新産業に集中して先端産業を誘致して、電子、自動車、ファッションのような重要度が高い品目を中心に、国内Uターンを促進すると主張した。

ドア大統領は第三世界のサプライチェーンを安定させるために、国際社会との協力を強化すると発表した。彼は「日本の不当な輸出規制措置を経験しながら、信頼をベースにした国際分業の重要性を痛感した」とし「私たちは、頑丈な製造業基盤と世界的なICT技術革新のインフラストラクチャを備えており、企業にやさしい投資環境を持っており、何よりもコロナ防疫の成功により、世界で最も安全な投資先であることを立証した」と明らかにした。彼は、「輸出規制対応とコロナ危機克服に発揮した「連帯と協力」の精神で「世界をリードする大韓民国」に進まなければならない」と促した。

彼は「素材・部品・機器と先端産業の成長が「経済危機克服」であり、「産業安全保障」であり、革新的な成長の道」と主張した。


https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=006&aid=0000103460

共感 38
非共感 71


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1594265768/-100

 
4
いちいち日本のなまえを出さなくていいから
毎日何回叫んでんだよw
 
7
ほんと日本と比較しなきゃ死んじゃう病なんだろな

8
と言いつつ付きまとうニダ

9
チラッチラッ
 
16
迷わず行けよ
行けばわかるさ
 
29
ドア大統領のせいで本文が頭に入ってこないw
 
30
じゃあまず輸出入を止めなさい文ちゃん
それでこそ朝鮮人の誇りを守れる

31
借金返してから言え、バカチョンw

32
サムスンは5Nじゃ使えないって
言ってるけど
 
38
常に日本がおんぶしてらからな
チョンは絶対に自分の足で歩かない

39
本当にそうして欲しいけど、できもしないことをできてる前提だからなあ
そしてできないことを日本が邪魔してるせいだと喚き散らす
結局いつもの日常
 
49
口だけ達者。何一つ実現できない。
 
50
日米が同じ道行かせてくれてねーじゃん
 
83
威勢のいいことばかり言って、集り属性の隣人
 
98
要約

・文大統領が、日本の不当な輸出規制から1年を迎え、危機をうまく克服したとしても、
素材・部品・機器産業で日本とは別の道を行くと明らかにした。過去日本などに
依存していた守勢的対応から脱し、私たちが素材・部品・機器産業グローバル大国になって、
世界中のサプライチェーンの安定に寄与して協力するという説明だ。

・文大統領「たった一年で色々国産化に成功した」

・文大統領「コア管理アイテム100個を338個に拡大する」

・文大統領「先端産業の世界工場になるため国内Uターンを促進する」

・文大統領「私たちは企業にやさしい投資環境を持っており、コロナ防疫の成功により、世界で最も安全な投資先であることを立証した」

・文大統領「素材・部品・機器と先端産業の成長が『経済危機克服』であり、『産業安全保障』であり、『革新的な成長の道』」
 

スポンサーリンク

記事概要

日本の不当な輸出規制に、官民一体となり一件の生産も滞らすことなく克服

今後は「日本とは他の道を歩く」として日本依存からの脱却を宣言

K防疫のように「素材・部品・機器」を飛躍させるため、国内への企業回帰、誘致をし「先端産業の世界工場」になる


 

管理人コメント

経済だけに限らず他の道すすんでもらいたい

まぁ経済もどうせ口だけ、国内向けの大本営発表なんだろ

本気でそう思っている可能性も十分あり得るが

いいかげんNOJAPANを本気でやってみろよ

 

関連記事(現実)

素材・部品・設備の国産化「半分は成功」…サムスンが使うフォトレジスト、あと5年は日本に依存 2020/7/8

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA