【ボルトン回顧録】 「米朝会談は韓国の創造物」、文政権の「ずさんな仲介」に米朝とも強い不満…青瓦台は沈黙 2020/6/20

米朝韓首脳
広告

 ワシントンの政界を大きくひっくり返したジョン・ボルトン元ホワイトハウス国家安保補佐官の回顧録がソウルにも衝撃を与えている。2年前に華々しく始まったが、今はつい先日からストップ状態にある米朝非核化外交をめぐり、これまでうわさの次元にとどまっていた数々の疑惑が事実だった可能性が高まった。また同時に文在寅(ムン・ジェイン)政権に対する責任論も浮上するなど、影響が広がりつつあるようだ。

 最も注目を集めているのは、ボルトン氏が米朝非核化外交の全てのプロセスを「韓国の創造物」と表現した部分だ。「韓半島運転者・仲裁者論」を前面に掲げた文在寅政権が、史上初の米朝首脳会談実現に大きな役割を果たした点についてはボルトン氏も認めている。ただそれと同時に、そのような形で始まった非核化外交が昨年の「ハノイ・ノーディール」と「ストックホルム・ノーディール」を経て座礁した責任も、やはり文在寅政権にあるとしたのだ。

 ボルトン氏は、韓国が「創造」した米朝非核化外交を情熱的なスペインの踊り「ファンタンゴ」に当てつけ、「金正恩(キム・ジョンウン)やわれわれ(米国)に関する真摯な戦略よりも、韓国の統一アジェンダの方により多くの関連がある」と指摘した。文在寅政権が「米朝仲介外交」を駆使し、本質である非核化よりも南北関係改善への意欲が先走った点を指摘したのだ。

 専門家は、文在寅政権が仲介外交に乗り出した2018年3月の時点から、すでに同じような問題意識を共有してきた。その最大の問題は、北朝鮮への特使として金正恩・国務委員長に会って戻ってきた鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長が説明した「北朝鮮の非核化の意志」だった。当時、鄭室長は「北側は、軍事的な脅威が解消され、体制の安全が保障されるのであれば、核を保有する理由がないとの点を明確にした」「非核化は先代の遺訓であり、この遺訓に変化はない」とする金正恩氏の発言も紹介した。北朝鮮が核・ミサイル暴走を続け、際限なく繰り返してきた宣伝用のレトリックをそっくりそのまま「非核化の真正性」と解釈したのだ。鄭室長はこのような見方を持って米国を訪問し、トランプ大統領から米朝首脳会談の約束を取り付けた。

 かつて韓国外交部(省に相当)で韓半島平和交渉本部長を務めた金烘均(キム・ホンギュン)氏は19日「当時は史上最強の対北制裁レジーム(体制)が完成したまさにその時で、北朝鮮が「制裁(解除)か核兵器か」という二者択一の岐路に立つ状況だった」「金正恩氏の非核化への真正性に対する韓国政府の読み違いが、性急な米朝首脳会談へとつながった」と指摘した。

 青瓦台は第1次米朝首脳会談以降、非核化交渉が空回りすると、その折衷案として「早期収穫論」と「グッド・イナフ・ディール」を言い出し始めた。ある外交筋は「早期収穫といった言葉そのものは、通常の外交交渉でも使われる用語だ」としながらも「非核化外交に対する青瓦台の理解不足を示す端的な事例だった」と指摘した。グッド・イナフ・ディールは米朝のどちらからも共感が得られず、結局はハノイ・ノーディールと共に「死亡」した。

 米戦略国際問題研究所(CSIS)のスミ・テリー上級研究員はツイッターで「ボルトン回顧録」の内容を紹介し、「ボルトン氏は、文大統領が米朝双方に非現実的な期待を掛けていたことを批判した」と指摘した。米国はもちろん、北朝鮮も文在寅政権による「ずさんな仲介」に強い不満を持っているということだ。ハノイ・ノーディール後、北朝鮮が南北対話を完全に閉ざしたのは、このような分析の妥当性を裏付けている。北朝鮮が文大統領に対し「差し出がましい仲裁者のふりをするな」などと罵詈雑言を浴びせたのもその時からだ。北朝鮮が最近「見え透いた術数」といった侮辱的な表現を使って青瓦台からの特使派遣の提案を拒否したことも、やはり「南朝鮮にだまされた」という認識の延長線上にあるようだ。青瓦台は「回顧録がまだ正式に発行されていない状況で、メディアの報道だけで評価するのは適切ではない」とコメントした。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版<ボルトン氏「米朝会談は韓国の創造物」…青瓦台は沈黙>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/06/20/2020062080015.html


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1592660408/-100

 
4
無能どころかウイルス
 
6
私の幸せは韓国民の幸せ を米朝外交にも当てはめたんだろ
 
8
日本は蚊帳の外って馬鹿にしてた韓国人はもう死んだ?
 
 14
 >>8
 ハノイの米朝会談が成功すると思ってたのは韓国だけ
 それも異常なくらい盛り上がってた
 日本政府は冷静なふりして裏で腹抱えて笑っていただろう
 
10
要するに合意する見込みがない階段をセッティングした事?

11
>韓国の創造物
韓国の主張や報道を表す言葉として、これほど的確なものはない。
こういう韓国人の本質を、より多くの国家・国民が知ってくれればと願う。
 
15
ホント迷惑な野郎だな
 
18
ボルトン「ムンが悪い」
金与正「ムンが悪い」
 
 93
 >>18
 > ボルトン「ムンが悪い」
 > 金与正「ムンが悪い」

 ムンムン「アベが悪い」
 
20
根回しが足りない
素人レベルってこと
GSOMIA破棄騒動で多くの人が察したでしょ
全部場当たり的
 
22
韓国には核保有したいって思惑があるから核よりも北との関係改善で朝鮮統一を考えてたってことでしょ
韓国人的には核はアメリカと日本向けであって韓国には使わないだろうって幻想があるから核はどうでもいい感あったり
 
23
世界のバランサー・ムン・ジェイン
を見せたかったんだろうけど

両陣営騙すなんて手、良いわけないだろう

24
双方に甘言仕込んで「会えば何とかなるケンチャナヨ」やっちゃったからなあ…。

外交の天才として何としても実績が欲しかったんだろうが、国の存亡がかかった場面で
あんな出鱈目な事したら、キレられて当然だわな。
 
 88
 >>24
 だな、あのスピード感と出たとこ勝負のやっだけな仕事は韓国だよな
 
26
日本は蚊帳の外とか言ってた時代が懐かしいな。
あとK防疫とかいうのももう遠い昔のようだ。
 
27
どっちにも良い事を言って会わせたけど
聞いた話と違うから会談は決裂
 
34
無能な働き者の教科書
 
36
米朝両方に良い事ばかり言って実際会談して見たら全然同意事項のすり合わせが
出来ずに不発に終わってると当時から言われてたからなw
韓国が間に入ったら混乱するだけで不要だったというソースが付くんだろ
 
44
ゲーツ元国防長官の回顧録が波紋 盧武鉉氏は「反米的で頭が少しおかしい」
https://www.j-cast.com/2014/01/16194299.html?p=all

盧武鉉も回顧録で頭がおかしいって言われてたな
 
48
出任せと妄想を使って会談させてはみたが溝は埋まらず、双方から嘘吐きと嫌われただけでした。

49
今の状況が語ってるわな
 
70
そもそも韓国の野望は、北が核を保有した状況で統一して
なし崩し的に核保有国になって日本を力で脅す事なんだから
韓国が絡んで上手くいくはずがなかったんだよね

71
韓国は希望的観測過ぎる

国家としてこうだったらいいな、こうなったらいいな
ってのは当然あるが
普通なら冷静に分析して国家の有り様極めるのに
韓国はケンナチャヨ精神で無謀に突っ走るアホ
 
94
いやあ、日本孤立論で嬉しそうに騒いでいた韓国や日本のマスコミや「知識人」達が懐かしい
 

スポンサーリンク

記事概要

ボルトン元国家安保補佐官の回顧録で文大統領批判

米朝協議は『韓国の創造物』であって、韓国が本質である非核化よりも南北関係改善を優先したためにノーディールとなった

この責任は韓国政府にあると指摘


 

管理人コメント

あちら界隈は「日本は蚊帳の外」って大喜びしてたなぁ

結果はどうだったかというと日本は韓国の妄想に振り回されずに済んだと

米朝は韓国の妄想につきあわされて激怒

現在の北の態度もここからきてる部分も大きいだろうね

さすが外交の天災文在寅大統領

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA