韓国外務省の「“慰安婦問題日韓合意”の内容を尹美香議員と共有」疑惑…面談内容の“非公開”を決定 2020/6/11

尹美香9
広告

 韓国外交部(外務省に相当)は、去る2015年の“慰安婦問題日韓合意”当時、“韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協)”常任代表であったユン・ミヒャン(尹美香)“共に民主党”比例代表議員と面談していた記録を公開しないことに決定した。

“慰安婦問題日韓合意”発表当時、ユン議員が合意の内容を事前に知っていたにもかかわらず、元慰安婦たちにそれを伝えなかったという疑惑があがっている中、この日 外交部の非公開決定により、疑惑は一層続くものとみられる。

外交部は、今日(11日)“慰安婦問題日韓合意”当時の面談資料の公開を要請した“朝鮮半島の人権と統一のための弁護士の集い(韓弁)”に資料の非公開決定を通知した。外交部は“公共機関の情報公開に関する法律第9条”に従い、このような決定を下したと伝えた。

これに“韓弁”はすぐさま声明を出し「2015年の“慰安婦問題日韓合意”は“公共機関の情報公開に関する法律第9条”に該当するとみるには困難であるだけでなく、国家間の合意でもない、外交部と市民団体である“挺対協”ないし“正義記憶連帯(正義連)”との面談内容は、この非公開対象の情報になり得ない」と主張した。

つづけて「外交部が2015年に“ユン議員との面談”に関する情報を非公開決定するのは、国民の憲法上の“知る権利”を重大に侵害し、疑惑を増幅される違法・不当な処分だ」とし「即座に情報公開法第20条に従って、行政訴訟を提起し、この非公開決定の取り消しを求める」と伝えた。

http://www.wowkorea.jp/news/korea/2020/0611/10261373.html


 

記事概要

慰安婦合意の内容を事前に尹美香は知っていたのではないかとの疑惑がある中、韓国外交部は関連の文書を非公開と決定


 

管理人コメント

隠蔽疑われてもしようがないことやってるよね

彼女が事前に合意内容を知っていたとすると何が問題になるのか

韓国政府と正義連が合意内容についてすり合わせを行っていたのではないかという疑惑が当然出てくる

そうすると、「被害者の声を聞いていない」として日韓合意に反対してきた正義連の主張が崩れるからである

まぁどちらにせよ日本は関係のないことで韓国の国内問題なんだけどね

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA