「韓国、米中双方から浮気者のレッテル…毒を持つフグになる戦略を」  2020/6/1

米中対立
広告

「米中新冷戦が始まったのか」という質問はもはや有効ではない。新冷戦はすでに現実だ。いまや核心質問は「新冷戦はどのように激化し、その間に挟まれた韓国政府と企業の進む道は何か」だ。年内に習近平中国国家主席の訪韓も予定されている状況で韓国の戦略的選択の重要性はさらに大きくなった。

米中関係専門家4人に助言を求めた。キム・フンギュ亜洲(アジュ)大学中国政策研究所長、イ・ソンヒョン世宗(セジョン)研究所中国研究センター長、ジェームズ・キム峨山(アサン)政策研究院選任研究委員兼ワシントン事務所長、国際経済学会長を務めたチェ・ビョンイル梨花(イファ)女子大学国際大学院教授だ。米中に広く人脈があり両国関係を深く研究してきた人たちだ。

Q:米中新冷戦最悪のシナリオは?

A:チェ・ビョンイル教授=「最も簡単で劇的なものは米中間貿易1段階合意の廃棄だ。米国は多くの中国製品に25%の関税を課すが家電と消費製品は例外だった。その例外をなくすものだ。米中間の半導体対立は韓国には災難だ。技術生態系が半分に割れるなら韓国にはパーフェクトストームが押し寄せる。米国が新型コロナウイルスに対する損害賠償を議会法案通過を通じて中国に要求する可能性もあり、これは米国内の中国資産凍結につながりかねない」

イ・ソンヒョン・センター長=「中国も米国とのデカップリングを着実に準備してきた。ファーウェイが米国製部品に対する依存度を減らし始めたのはかなり前だ。最悪は米中間の軍事衝突だ。南シナ海または台湾海峡での緊張が高まっており、これは偶発的軍事衝突に広がりかねない。いまの米中対立は前代未聞だ。想像力を発揮して備えなければならない」

キム・フンギュ所長=「中国が宋の時代の勢力均衡を望むのか、明の時代の閉鎖的天下を望むのかが重要だ。米国としては中国責任論を掲げ続けて対中貿易を減らす圧力を加えることができる。最悪では武力示威の可能性もある」

ジェームズ・キム研究委員=「米中関係が想像できないほど悪化する可能性があることをしっかり認識しなければならない。米国はすでに中国が嫌がる2つの問題である香港と台湾を積極的に活用している。中国も輸出入などさまざまな報復カードがある。深刻なのは為替相場操作を通じた報復だが、米国の証券市場まで揺さぶりかねない。中国が実際に決意するなら大統領選挙2~3カ月前の8~9月を狙う可能性がある」

Q:最上のシナリオは?

A:チェ教授=「もし中国が秋に開く共産党大会などの契機を通じ追加改革開放措置を発表し路線転換のシグナルを送るなら、米国は2段階貿易合意へ自然にシフトできる。中国も来年が共産党創立100周年で雰囲気転換が必要だ。ただこうした可能性が低いというのが問題だ」

イ・センター長=「最上のシナリオはない。ロマンチックな考えは引っ込めなければならない。韓国は米中双方に浮気者のレッテルが貼られた。浮気をしたこともないのにだ。どちら側であれパンチを打たれるのは避けられず、その威力を減らすことに集中しなければならない」

キム所長=「今年の米大統領選挙までに米中間の暗黙的妥協がなされることが韓国としては最上のシナリオだが、そうした可能性はほとんどない。民主党のバイデン前副大統領が当選するならば競争を主としながら協力もし、軍事的には現状維持を選ぶだろう。韓国としてはそれなりに若干の運用空間がある構図だ」

キム研究委員=「中国が魅力攻勢を取るならば話が変わるかもしれない。中国が第2~3四半期に米国産農産物だけでなく自動車などのような製品を全般的に大量輸入するならばトランプ大統領は喜ぶだろう」

Q:韓国政府と企業はどうすべきか?

A:チェ教授=「米国は安保、中国は経済なので、中途半端に片方を選んではならないという言葉はすばらしいが不可能だ。均衡者論はバランスを取ることができる実力がある時に可能だ。高高度防衛ミサイル(THAAD)議論の時に見たようにチャイナリスクを減らさなければならず、同時にトランプリスクも減らさなければならない。どちらか一方に集中したサプライチェーンはだめだ。中国の工場を戻すのではなく、韓国にも工場を作って労働市場の柔軟性に関する新たな社会契約を作らなければならない。政府・資本・労働がともに回復弾力性を備えていかなければならない。中国と運命共同体という話をする時ではない。政府はいま「企業で処理せよ」というやり方だが、大きな傘はかぶせなければならない」

イ・センター長=「韓国は最近まで米中対立を対岸の火事と考えていた。外交部も最近米国と中国勤務経験者を交差配置するなど両国をともに理解する専門家を養成し始めたが、10年前からそうすべきだった。政府が『企業が決める問題』とするなら責任放棄だ。米中ともファーウェイと5G通信問題を自国の安全保障の面からアプローチする」

キム所長=「新冷戦構図ではクジラに挟まれとばっちりを受けるエビの境遇でいるよりは、生き延びる道を探して抜け出るドジョウや、時には毒を持つこともあるフグになる戦略が必要だ。中小企業は中国、大企業は米国との関係強化が必要だ。親米か親中かという二分法的思考を超えなければならない。時には親中、時には親米、時には親日政策までも同時に展開すべきだ。政府は組織を全面改編し、専門家らの集団知性を参考にして、オーストラリアなど他国と連帯すべきだ。新型コロナウイルスの防疫成功で国の地位が高まったいまが良い機会だ」

キム研究委員=「10~20年先を見通してしっかり計算しなければならない。もし中国を選ぶならば米国、そしてその他自由民主主義国家とはヘッジング(リスク分散)をしなければならない。確実なのは米中関係は悪くなるだけで、良くなることはないということだ」。


中央日報/中央日報日本語版 2020.06.01 10:19
https://japanese.joins.com/JArticle/266529


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590978787/-100

 
3
日韓断交はよ
 
4
コウモリは嫌われるよ
米中双方からスパイと思われてるんだから
 
5
北に併合されりゃいいじゃん

6
韓国がどっちにつくかで勝負が決まるから米中は必死だよな
 
 46
 >>6
 ついたほうが負けるが定説な
 
7
>浮気をしたこともないのにだ。

二股かけつつ浮気ではないと?
 
10
食べたら死ぬで
 
14
バランサーとやらはどうしたw

15
自称バランサーと言いつつ、実は勝ち馬に乗りたいだけ。
 
18
小韓なんて毒しかないじゃん
取り込んだら負け
 
20
もうすでに 立派な
大腸菌入りのキムチ
 
23
韓国がついた側が負ける
歴史の必然
 
25
毒のあるフグってよりネンブツダイ
海釣りでコマセに群がってくる半ば身の透けたザコ
 
26
突いて怒らせてから海面に叩き付ける
近所の堤防で釣りしてるガキが釣れたフグでコレやって遊んでるわ
 
27
ギリシャみたいな感じを目指すの?

一応EUだけど、EUとロシアの間で引っ張りだこのギリシャ。
 
30
>時には親中、時には親米、時には親日政策までも同時に展開すべきだ。

今はどの陣営に付くかをはっきりさせるべき時。
「味方です」と宣言しない奴は敵とみなされるから、曖昧な態度は致命傷。
こんな作戦をとったら、中、米、日、全部から敵と見なされて潰される。

「米につく」「中につく」「どれでもない」から「どれでもない」を選ぶなんて
さすが、必ず最悪の選択肢を選ぶことで定評がある韓国だけのことはある。

31
米中双方から浮気者のレッテル、って表現は
「どちらの陣営も韓国を仲間に引き込みたいと考えているに違いない」って
えらく都合の良い自己評価から出てるんだろうな。

むしろ「相手に押し付けたいババ」と思われてるんじゃなかろうか。
 
34
米国側には日本がいるし日本が憎くて仕方なくて戦いたいなら
中国側についたほうが韓国にとっていいことばかりだから早くレッドチームに行ってくれ
 
37
「毒を持つフグになる戦略」

廃棄一直線www
 
39
まだバランサーだの妄想してるの?
9月のG7招待で浮かれてる朝鮮人が
踏み絵を迫られるが見ものだよ
 
41
浮気者じゃなくて、裏切り者
レッテルじゃなくて単なる事実
毒を持つフグじゃなくて、保菌コウモリ
 
50
自己愛性障害が変な方向にぶっとんだな
なぜか必要とされている前提になってるw
 
54
浮気をしたこともないのにだ
って本人が一番ロマンチックに酔ってるじゃないの
 
57
おまエラはホンタク
 
58
まあ、「誰から見ても魅力のないゴミ国家になれば、誰も手を出してこない」というフグ戦略で行くならそれもいいだろう。
ぜひ、今ある産業を全部ぶっ潰して「世界一魅力のない国家」を目指してほしい。
 
82
朴槿恵の時にオバマに「中国にベットするな」と公的に釘刺されてたんだよな。
あのオバマにすら、にだ。
 
94
浮気をしたこともない??
米国の顔にさんざん泥かぶせてよういうわ
 
97
よく防波堤に捨てられてるよな、クサフグ
 
98
>韓国は米中双方に浮気者のレッテルが貼られた。浮気をしたこともないのにだ

この認識を改めないとどーにもならない
無理なんだろうけど
 
 

スポンサーリンク

記事概要

米中対立が激化

韓国政府と企業の進む道は?ということで専門家に助言を求めた

「韓国は米中双方に浮気者のレッテルを貼られた。浮気をしたこともないのにだ。どちらについても殴られるのは避けられず、その威力を減らすことに集中すべき」

「韓国はクジラに挟まれてとばっちりを受けるエビの境遇でいるより、抜け出るドジョウや、時には毒を持つフグになる戦略が必要」など


 

管理人コメント

「浮気したことないのに」だってww

この認識…一体なんの専門家なんだろうか

「毒を持つフグ」その毒、最近世界にも認知されてきたんじゃないかな

この願いはかなうかもしれん

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA