【韓国】日本はなぜ、事あるごとに韓国を『中傷素材』にするのか? 2020/4/1

日本はなぜ韓国を中傷?
広告

■ 日本のインターネットで、悪口の定番素材となる韓国

日本のインターネットで『韓国』は悪口の素材である。韓国政府の先制的なコロナ防疫が世界的に注目されている際、日本ではピンポイントで「韓国のように過度な診断は医療崩壊を煽る」という主張が多数だった。日本のマスメディアが歪曲した情報を広めた側面もあり、拡大する『嫌韓』談話にも影響を及ぼしたのだろうが、悪口の論理的根拠を見出そうと努力した痕跡も見える。例えば、「日本の死者数が韓国より少ないのは、防疫が成功している証拠だ」という意見がSNSでしばらくの間支持されていた。

インターネットに投稿されるこのようなコメントの一つ一つに、是非を問うような趣味はない。それよりも筆者に気になるのことは、日本でなぜ、事あるごとに『韓国』が素材になるのかという点である。韓日間で解決されない歴史問題や、もつれた外交事案などが日本でも『ホットイシュー』であることは間違いない。Kパプ(K-POP)や韓国飲食(韓国料理)など、日本の若者が最近、韓国関連のテーマに関心が高いのも事実である。しかし不思議なことに、あえて隣国に言及する必要がない事案でも、否定的なニュアンスのコメントに突然『韓国』が登場する事例が少なくない。韓国関連のニュースにアクプル(悪質な書き込み)が押し寄せるのは基本である。

実は韓国のインターネットでも、日本関連のニュースに対しては良い言葉はあまり出ない。日本政府の消極的な防疫対策を懸念するニュースに対し、「東京では間もなくコロナによる地獄の門が開かれるだろう」という不吉な悪口が寄せられる。「オリンピックの延期で経済が完全に滅ぶだろう」という、呪いじみた予測のようなコメントも少なくない。

このように、お互いに対するコメントが山積みになっている背景には、悪化の一路を辿る韓日関係があるからだろう。政治、経済、文化など、ギクシャクしてない分野がないと言わんばかりに、両国の交流は低迷し、お互いに対する好感度も冷え切っている。だからと言って直接的な関連がない事案にまで、あえて隣国を強引に出して毒舌を吐く心理は何なのか。韓国と日本のインターネット文化を観察し続けた筆者の目には、このような世相が単なる非好感を越えて、非理性的な『執着』のように見えたりする。

■ 国境を行き来する『翻訳組』、関心度や情報量も高いが歪曲も発生

インターネットの情報交流を妨げる最も高い障壁は言語だ。自発的な『翻訳組』の活躍は、この障壁を瞬時に崩す。韓国のHOTニュースが、いつのまにか日本語に翻訳されてSNSに現れる。朝に放送された日本のテレビ番組が、夕方には字幕付きの画面キャプチャーに変身して、韓国のインターネット掲示板に投稿される。ニュースに寄せられたコメントまで、一字一句丁寧に翻訳されて投稿されることもある。日本のソーシャルメディアに韓国関連の情報を追うツイッタリアン()が目を光らせて待機しているなら、韓国のインターネット掲示板には、いつでも日本のコンテンツを流す準備ができているユーザーが活躍している。意図がどうであれ、国境を越えて迅速にコンテンツを持ち運ぶユーザーの機動性と情熱は否めない。

(中略)

■ 2002年の『enjoyJAPAN – enjoyKOREA』で失敗した韓日交流プロジェクト

研究者の間では、2002年に韓日共同ワールドカップの開催を控えてNAVER(ネイボ)が始めた韓国語 – 日本語の自動翻訳掲示板が、韓日のインターネット文化がお互いを正面対立として意識する始まりだという主張が支持され、受け入れられている。

歴史的なワールドカップの共同開催を控えて開設されたこの掲示板は、韓国では『enjoyJAPAN(インジョイ・チェペン)』、日本では『enjoyKOREA(インジョイ・コリア)という名前で運営された。 韓国と日本のユーザーが母国語で書き込みをすれば自動で翻訳され、それぞれの言語で表示される方式だった。自動翻訳のクオリティは、それほど優れたものではなかった。しかし、それなりのコミュニケーションが取れる水準で、リアルタイム討論に似た形態のコミュニケーションが行われた

ところが、韓日の文化的接点を拡大するというサービスの趣旨が色あせるほど、経過は好ましくなかった。討論が続くほど韓日ネチズンたちの間には、妥協できない観点の違いだけが目立ち、消耗的な論争だけが続いた。お互いに対する知識が蓄積されるほど好感が生まれることはなく、誤解だけが深くなった。言語の障壁を崩せば、韓日ネチズンたち間に友情が芽生えるだろうという期待感は虚しく消え失せた。ユーザー個々の様々な趣向と立場を無視したまま、国の名前で親睦を図ろうというコンセプト自体が無謀だったのかも知れない。

失敗したこのプロジェクトは特に、日本で予想外の方向に展開された。この掲示板から始まった韓日の歴史問題に対する関心が別の匿名掲示板に移り、韓国を対象に歴史問題をめぐる『サイバー戦争』を準備する形になったのである。結局、このように増幅された韓国に対する否定的な関心は、現在進行形である日本の『嫌韓』風潮にも接点がある。韓日翻訳掲示板という意図は良かったが、結局はインターネット掲示板で『嫌韓』の擁護勢力を量産する見すぼらしい結果となった。

■ 時には『アクプル(悪質な書き込み)よりもムプル(スルー)』のほうが堅実

(以下略)


神田外語大学 キム・ギョンファ准教授


ソース:韓国日報(韓国語)
https://www.hankookilbo.com/News/Read/202003310715039563


 

2
鏡見てるんだろ
 
5
ぎゃくぎゃくw
 
11
おいおい

その立場を真逆にして思考する癖はなんとかならんのか^^

12
⎛´・ω・`⎞殴っていいのは殴られる覚悟のある奴だけだ
 
14
は?ずうずうしいな韓国は

15
息をするように嘘を吐く民族は嫌われて当たり前

16
また鏡見て語りかけてるよ(´・ω・`)

17
韓国人が日本人を嫌うのはいいが
日本人は韓国人を嫌ってはいけない とか言われてもな
 
18
スゲーおまいうだな
 
22
>だからと言って直接的な関連がない事案にまで、あえて隣国を強引に出して毒舌を吐く心理は何なのか。

韓国人に聞いてみたら?
 
23
そんなこと言ってるから、リスカブスって言われるんだよ。
 
31
敵対的アクションに対するただのリアクションです
 
37
事あるごとに難グセつけてくるし、

反日ウソ歴史に洗脳された大嫌いな韓国人だから。
 
41
中傷じゃなくて、事実を言ってるだけなんだけどなw

妄想ミンジョクw
 
42
韓国人の多くは 「自意識過剰」じゃないの?

ほっといてくれ 日本のことなぞ。
 
45
ウソつけ
エンジョイの半分は優しさで出来てただろ
 
53
また被害者面かw
 
57
なぜ韓国人は自分達がやってることを、そっくりそのまま日本に向かって言うのか
自分を客観的に見れないキチガイって本当に怖いw
 
62
自己紹介やめろ
 
63
結果の比較であって悪口ちゃうやろ。
そう言うとこやぞ?
 
84
日本人だって
やられたら
やり返す
 
95
エンコリで、ラスク書簡の文章が日本側から提示されたら、韓国側から見えないようにされたのは笑った。

あまりにも日本側から韓国の嘘を暴く事実が次から次へと提示されたので、
あまりにも韓国による国民の洗脳に不都合で
韓国側はエンコリを閉鎖しましたとさ。
 

スポンサーリンク

記事概要

日本のインターネットで『韓国』は悪口の素材

否定的なニュースのコメントに突然『韓国』が登場する事例も

韓国でも、日本関連のニュースに対しては良い言葉はあまり出ない面はある

スルーで対応したほうが良い


 

管理人コメント

一言でいえば「鏡見ろ」

日韓の悪口の例として記事にあがっているのが

日本「韓国のように過度な診断は医療崩壊を煽る」

韓国「東京では間もなくコロナによる地獄の門が開かれるだろう」

この二つを見比べてどう思う?

韓国からしたらどちらも悪口らしい

事実を悪口と認識し、それに直情径行、悪口で返してきてるのが韓国ではなかろうか

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA