【韓国】この橋を架けるのに11年…ソウルのワールドカップ大橋、年末に開通へ 2020/2/5

ワールドカップ大橋
広告
ソウル市は文化・福祉予算を優先的に編成

工事期間は予想より5年ずれ込み…事業費は当初より1000億ウォン増

 着工から11年間工事が続いているソウルのワールドカップ大橋が、今年12月に開通する。工事開始からおよそ10年8カ月。橋の工事としては韓国国内で最長の記録になる。以前は、2018年12月に開通した冬柏大橋(忠清南道舒川-全羅北道群山)が10年3カ月で、最長工事記録を持っていた。ワールドカップ大橋は、本来の計画よりも工事期間が5年も長引き、事業費が1000億ウォン(現在のレートで約92億円。以下同じ)近くも余計にかかった。

 4日にソウル市が明らかにしたところによると、麻浦区上岩洞と永登浦区楊坪洞を結ぶワールドカップ大橋(長さ1980メートル、幅31.4メートル)の進捗(しんちょく)率は75%。橋と南端の出入路を結ぶ締めくくりの作業だけが残されている状態だ。市は2010年4月に工事を開始し、15年8月までに完工させたいと発表した。しかし翌年11月に就任した朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長は「土木事業を減らしたい」として、福祉・文化事業に予算を優先配分した。毎年予算が限定される状況で、ワールドカップ大橋の工事は後回しにするほかなかった。11年は工事予算として300億ウォン(約27億5000万円)が策定されたが、市の負債削減対策の一環として100億ウォン(約9億2000万円)のみ配分された。完工の時期も16年へと1年ずれ込んだ。市は17年12月にも、開通の時期を「20年8月」と暫定発表したが、進捗率などを考慮して今回さらに4カ月先延ばしにした。

 工事が大幅に遅れたことで、ワールドカップ大橋の工事事業費は大きく増えた。当初、事業費は2590億ウォン(約238億円)と策定されたが、施工会社の人員や資機材が待機する費用や追加のランプ開通費などを合わせて、現在は総事業費3550億ウォン(約326億円)に達している。上岩洞に暮らす50歳の人物は「来年になれば良くなるかと思っていたのが、もう10年」として「出勤・退勤のたび城山大橋まで回っていかないといけない住民としては、一日も早く開通することを望むばかり」と語った。

李世永(イ・セヨン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/02/05/2020020580024.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2020/02/05 10:01
 

3
開通直後崩落するまでが規定路線
 
4
ネーミングをどうにかしろよ
外国人がその橋通る度にあれ思い出すことになるんだが
 
7
フラグが立った!
フラグが立った!
 
9
サグラダ・ファミリア的な話かとw
作ってる側で補修してるみたいな
 
12
架橋に11年 落橋に6年
 
13
前振りは規模も予算も破格なダイナミックコリア。
落ち(物理)がつくのは目に見えているが、どうか人間の被害は出ません様に。
 
16
ワールドカップと何か関係あるのかコレ
 
23

 
28
まあ、完成後長く持たずに不具合発生して工事やり直しか最悪落橋すると見たね
ここの皆もだいたい同じ予想してるんじゃないの
 
31
パラオの橋を思い出すな
 
 96
 >>31
 アレは崩壊した後日本が作り直したけど(銘板に細工されるまでがテンプレ)、
 さすがに韓国国内の橋を作り直す義理も道理もないわな
 
35
揺れて使い物にならなくなった吊り橋どーなった?
 
36
戦争になったら爆破
 
56
道路側の工事が全く進んでないのかw
こういうのって同時進行で進めるんじゃないのか?
 
71
老朽化してるやろwww
 
86
韓国が作ると、橋でもダムでもみんな壊れる。
その後ばっくれた挙句、被害者ヅラするまで1セット。
 
92
時間をかけすぎて完成前に橋脚がボロッボロに錆びて劣化してしまい最初から工事やり直し→11マス戻る
 

スポンサーリンク

記事概要

ソウルで架橋工事中の「ワールドカップ大橋」(長さ1980メートル、幅31.4メートル)が、今年12月に着工11年でようやく完成の見込み

予算を福祉の方に割り当てたため本来の計画より5年遅れ、その分費用も1000億ウォン余計に


 

管理人コメント

名前もそうだが

韓国…橋…パラオ…

うっ頭が…

同じ症状出た人多いんじゃない?

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA