武漢の韓国海外同胞隔離指定場所を訪れた福祉部次官、水さし投げつけられ髪の毛つかまれる 2020/1/30

韓国武漢離脱者隔離場所反対
広告

韓国の金剛立(キム・ガンリプ)保健福祉部次官が29日午後10時30分ごろ、忠清北道鎮川郡徳山面(チュンチョンブド・ジンチョングン・トクサンミョン)の国家公務員人材開発院を訪れ、住民から水さしを投げつけられるなどした。

韓国政府が中国湖北省武漢に滞在した韓国人が帰国後に隔離される場所として開発院を指定した後、終日反対デモを行っていた住民約200人は金次官が現れると激しい抗議を行った。

金次官は「懸念が杞憂になるように最善を尽くす」と話したが、住民は金次官を取り囲んだ後、水さしや紙コップ、割り箸などを投げつけたり、髪の毛をつかんで引っ張ったりした。金次官は警察の警護を受けながら現場を後にした。

https://japanese.joins.com/JArticle/262007


 

スポンサーリンク

記事概要

武漢からの帰国者の隔離場所に指定された近隣住民が、説明に来た韓国政府高官に抗議

高官「懸念が杞憂になるよう最善を尽くす」というも

取り囲み、水差しや紙コップ、割りばしなどを投げつけ髪の毛をつかんで引っ張った


 

管理人コメント

結局のところ公共性と個人の線引きをどこでするかだろうけど

暴行はいかんよ、暴行は

別ソース汚物投擲記事

韓国次官の服がビリビリに!?汚物を投げつける住民も・・・武漢帰国者の受け入れをめぐり、大もめ 2020/1/30

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA