空席目立った韓米同盟忘年会 2019/12/13

米韓
広告

昨年は盛況、今年は空席が目立つ

 在韓米軍司令部が先日開催した「韓米同盟のための送年レセプション」の出席率が例年に比べ低調だったことが12日までに分かった。複数の韓国軍関係者によると、昨年の送年レセプションは席を探すのが難しいほど参加者が多かったが、今年は空席が目立ったという。会場の雰囲気もかなり静かだったようだ。

 この行事は今月7日の土曜日、在韓米軍のロバート・エイブラムズ司令官によってソウル竜山の米軍基地にあるドラゴンヒル・ホテルで開催された。韓米連合司令部や在韓米軍司令部に所属する米軍関係者はもちろん、韓国軍の現役将校や政治家、企業経営者なども招待されたが、今回は韓国側から現役の将校だけでなく予備役の出席者も目に見えて少なかったという。

 行事に参加した韓国側のある関係者は「例年は韓国側からの出席者も多く、たくさんの対話を交わすことができたが、今回は比較的少なく話し相手を探すのも難しかった」と伝えた。別の出席者によると、現職の韓国軍首脳の中では合同参謀議長や連合司令部副司令官程度しか目に付かず、特に今回は連合司令部副司令官経験者の出席率も低かったという。出席した保守系野党・自由韓国党のイ・ジョンミョン議員はフェイスブックで「出席した数少ない予備役の韓国軍将校から『韓米関係はすでに深刻な状況』という話を聞いた」「連合司令部に勤務する韓国軍将校の様子も以前とは違っていたようだ」などと明らかにした。

■在韓米軍を維持する法案が米議会下院を通過

 一方で米国議会下院は11日(現地時間)、在韓米軍の規模を現行水準(2万8500人)に維持することを定めた国防主権法案を賛成377票、反対48票で通過させた。今後上院を経てトランプ大統領が署名すれば法案は成立する。トランプ大統領はツイッターを通じ「(法案が成立すれば)直ちに署名する」との考えをすでに伝えている。

梁昇植(ヤン・スンシク)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/13/2019121380039.html


 

管理人コメント

アメリカ側の出席率が悪かったのかと思ったが

韓国側の出席率が低かったようだ

韓国軍が米側と距離をとりはじめているということか?

アメリカ側の出席率について言及されてないのでよくわからん

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA