欠陥だらけのK11複合型小銃事業が正式中断=韓国防衛事業庁 2019/12/5

k11
広告
納品の過程で複数回にわたり欠陥がみつかったK11複合型小銃事業が4日をもって正式中断した。

1998年から研究・開発が始まって以来21年、韓国軍は一時K11を「ブランド武器」などと宣伝し、関係者に賞や勲章まで授与していた

防衛事業庁は4日、韓国国防部(省に相当)の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)長官主催の防衛事業推進委員会を開催し、K11事業の中断を正式に議決したと発表した。

5.56ミリ小銃弾と20ミリ空中爆発弾を同時に発射できるK11は長い研究開発の末2010年から量産体制に入り、一部は韓国軍で使用された。

しかし2014年以降、射撃統制装置の亀裂など相次いで欠陥が見つかった。今回の決定でK11事業は韓国軍が使用を始めてから9年で中断することになった。


2019/12/05 11:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/05/2019120580047.html
 

3
ポッケナイナイ完了
 
5
韓国の武器兵器って見栄優先で運用面を一切考えてないからいつもゴミ作って終わるよね
 
18
これいろいろあったよなぁ
ヘッドセットで自爆して軽傷だったり、不良率が50超えてたり
もう無くなっちゃうのか~w
 
23
メーカー、ぼろもうけ
 
25
お笑い陸軍は、他にも
サバゲー用のヘルメットや
開発開始から25年以上経ってるはずなのに
未だに完成しないK2戦車とか、あったか
 
26
別の記事だと50発撃つと爆発する可能性があるとか書いてあった。
なんちゅう銃なのよw
 
27
【K11複合小銃の轢死もとい歴史】

・2014年 「磁石を近づけただけで20mmグレネード弾が誤爆する」ことが判明。
・2015年 13回ほど撃つと射撃制御装置に亀裂が生じることが判明。
・2015年 60Hzの電磁波を浴びるとやはり誤爆することが判明。
・2016年 1丁の価格は1600万ウォンであることは判明。
・2016年 再設計によって軽量化。6.5kg→5.5kg……意味なくない?
・2018年 銃身破裂の可能性が判明して戦力化中断。
・2019年 50発ほど撃つと内蔵されているリチウムイオン電池が爆発する可能性が判明。
 
52
韓国の兵器開発が上手くいかないのは

元々の構想がおかしい
技術力が足りない
予算が途中で横領されている

どれが理由なんだろう
 
74
連中に重要なのはカタログスペックだけだから
小銃に、一番重要なのは、取り回しの良さなんだが
 
82
弾が貫通する防弾チョッキ
投げる前に爆発する手榴弾

と共に韓国軍三種の神器なのにな。
 

管理人コメント

迷器やな

21年間の間にどれだけのお金がポッケナイナイされたのだろう

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA