佐藤正久前外務副大臣「米国の韓国への圧力は相当なもので、破棄の場合の制裁を恐れた可能性」 2019/11/22

佐藤正久
広告

 自民党の佐藤正久前外務副大臣は22日、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の失効が回避されたことについて「日本は何も譲っていない。韓国は情勢の判断を誤り、ぎりぎりになって米国の圧力や日本の働きかけを受けて『ベタ降り』した感じだ」と語った。「米国の圧力は相当なもので、破棄の場合の制裁を恐れた可能性もある」とも分析した。
https://www.sankei.com/politics/news/191122/plt1911220043-n1.html


 

3
アメのムチ
 
18
条件っていつでも降りれますよってのが条件か
じゃ、緩和しないから降りてくれませんかね
パーフェクトストーム見たいんで
 
19
韓国は日本に負けたと思いこんでまた恨みを募らせるのだろうが、実際日本はなにもしていない
アメリカがどんな脅しをしたのか想像するしかないが、結局は韓国が見当違いの措置で自爆しただけ
 
31
パーフェクトストーム、見たかったなw
 
48
実際、韓国がベタ降りした理由が
わからんのよね
米国は韓国に何言ったんだろうなw
 
73
破棄をやめたからといってアメリカは舐めた真似しまくったムン・ジェイン政権を100%信頼できなくなったけどな。
これ結構 今後に響くぞ
 
81
経済焦土化して撤退するって前から言ってるしな
それが一気に現実味帯びてヘタレたんだろうよ
心入れ替えないと遅かれ早かれそうなると思うけどな
 
93
一応韓国側はいつでも破棄できる権利は得たじゃない
使えない権利だけど
 

管理人コメント

アメリカの殺し文句が気になる

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA