北朝鮮漁船を救助し北に引き渡し 2019/6/11

瀬取り

11日午後1時15分ごろ、韓国北東部の江原道・束草から北東161キロの東海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線(NLL)の南側で漂流していた北朝鮮の漁船1隻(6人乗船)が韓国海軍に救助され、北朝鮮側に引き渡された。韓国軍合同参謀本部が明らかにした。 

合同参謀本部は「該当船舶の船員が北側への帰還意思を明らかにし、北側が通信網で該当船舶を救助してえい航するよう要請してきた」と説明。昨年9月に南北が締結した軍事合意の精神と人道的な立場から海軍艦艇がNLLまでえい航し、午後7時8分ごろ、北側に引き渡したという。 

合同参謀本部によると、海軍艦艇が北朝鮮の遭難船舶をえい航してNLL上で引き渡した初の事例という。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190611004900882?section=politics/index
聯合ニュース 2019.06.11 20:11 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA