韓国潜水艦「羅大用」の性能改良 2019/6/10

羅大用

韓国海軍の1200トン級潜水艦「羅大用(ナ・デヨン)」の標的探知能力が大幅に向上した。  

  防衛事業庁は10日午後、慶尚南道巨済(キョンサンナムド・コジェ)の大宇造船海洋で「張保皐(チャン・ボゴ)-I級(209級)」潜水艦である羅大用の性能を改良し海軍に引き渡すと明らかにした。  

  羅大用は2017年6月から統合戦闘システムと攻撃潜望鏡交換、曳航式アレイソナー追加などの性能改良に着手した。曳航式アレイソナーは艦艇や潜水艦に搭載し、曳航形態で運用して水中の標的を探知する水中監視システムをいう。  

  最近これら装備の性能検証のための試運転を終えた。海軍で運用の同級潜水艦より同時標的解析と追跡、水中音響探知、水上標的探知など作戦遂行に必須の主要性能が大幅に向上したと評価された。  

  防衛事業庁のチェ・フェギョン潜水艦事業チーム長は「羅大用の性能改良過程で主要装備を国産化することにより円滑な後続軍需支援が可能になり作戦遂行能力が向上するだろう。他の潜水艦の性能改良事業も支障なく推進されるだろう」と話した。  

https://japanese.joins.com/article/272/254272.html?servcode=200

[ⓒ 中央日報日本語版]2019年06月10日 11時50分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA