韓国軍、新型車輪型対空砲を開発…国産化率95%以上 2019/6/5

韓国国産30ミリ車輪型対空砲

作戦能力が大きく向上した新型30ミリ車輪型対空砲が開発された。 

韓国防衛事業庁はハンファディフェンス・ハンファシステムと提携・開発した30ミリ車輪型対空砲が最近、試験評価の結果、軍の要求基準をすべて満たしたと5日、明らかにした。 

30ミリ車輪型対空砲システム開発事業は、射程距離の拡大、昼・夜間の自動追跡や精密射撃能力の向上など未来の戦場環境に合った新型対空砲を確保する事業で、2015年6月から550億ウォン(約50億円)が投じられた。国産化率が95%以上なので、経済的波及効果はもちろん、今後輸出も期待される。30ミリ車輪型対空砲は探知距離が7キロメートル、有効射距離は3キロメートルで、既存の20ミリバルカン砲と比べて射程距離が1.6倍伸びた。 

車輪型として開発し、機動部隊とともに防空作戦支援が可能だ。防空指揮統制警報体系など射撃統制体系と連動して敵航空機のリアルタイム情報に基づいて作戦を遂行することができる。 

防衛事業庁のソン・チャンジュン誘導武器事業部長は「30ミリ車輪型対空砲の開発で迅速な機動と作戦能力が向上し、低高度空中防衛能力が一層強化されるだろう」としながら「今後、防空武器に関心を持っている国に輸出することができるように積極的に支援していく」と話した。 

https://japanese.joins.com/article/148/254148.html?servcode=200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA