中国メディアの厳しい指摘に韓国ネット我慢の限界?「蹴飛ばしてやったらよかったのに」 2019/5/31

サッカー

2019年5月30日、韓国・オーセンは「怒った中国『韓国のマナー欠如は伝統、W杯から五輪までみんな汚い』」との見出しで報じた。 

サッカーのU-18(18歳以下)韓国代表チームは、中国四川省成都市で開催されたパンダカップ2019の第3戦、中国との試合で3-0で完勝した。第1戦のタイ戦では2-1で勝利、第2戦のニュージーランド戦でも4-0で勝利しており、3戦全勝で優勝した。 

しかし、中国メディアが「優勝直後に蔚山現代FCのパク・ギュヒョンをはじめとする一部の選手が、トロフィーに足を乗せるなど優勝を冒涜(ぼうとく)する行動をした」と報道。物議を醸し、監督と選手らが謝罪会見を行う事態に発展していた。 

記事によると、あるメディアは「韓国のスポーツが汚いことは、ここ1日2日のことではない。2002年の日韓W杯で、韓国は審判の判定を利用してベスト4の成績を残した。昨年のW杯最終予選大会では、ファン・ヒチャンが理由もなく中国の選手らを蹴飛ばし大問題となった」と報じた。批判の矛先はサッカーだけでなく五輪の種目にもおよび「韓国は2018年の平昌五輪で、スピードスケートショートトラックで中国の選手らを故意に退場させて優勝を獲得した」とも指摘され、「今回のトロフィー事件で韓国のスポーツは再び恥ずかしい悪名を増やした」と批判したという。 

これを受け、韓国のネット上では30代の男性ユーザーを中心に多くのコメントが寄せられており、「(トロフィーに足を乗せた)選手を必ず処罰すべき」「道徳教育が必要!監督もコーチもスタッフも協会もみんな反省して!国の代表なのに国の恥になるようなことをするなんて!」と問題を起こした選手らに対し厳しい声も上がっている。 

一方で、「まあ今回は韓国の選手が悪かったけど、自分たちのマナーの悪さはどうなの?」「中国の最初の報道を見た時は『韓国の選手のせい』と思ったけど、ここまで言われると『トロフィーを蹴飛ばしてやったらよかったのに』と思ってしまう」「韓国人選手が分別のない行動をしたのは事実だが、中国にマナーのことを指摘されると、恥ずかしいというよりウケる」など、マナー欠如の事実を認めつつも反論するコメントが大部分を占めている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=716512

関連記事: https://keifree.com/culture/sports/100/    中国の大会で優勝した韓国、選手が優勝カップ踏みつける!

関連記事: https://keifree.com/culture/sports/108/    トロフィー踏みつけた韓国U-18代表、優勝剥奪処分 2019/5/30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA