外国の教科書などの韓国に関する誤った記載を是正するといった「韓国を正しく伝える」事業 2019/6/15

ウリナラマンセー

韓国政府系シンクタンクの韓国学中央研究院は15日、在外国民と外国人を対象に「私が韓国を正しく伝える主人公」と題したエッセー公募展を開催すると伝えた。 

同院は、外国の教科書などの韓国に関する誤った記載を是正するといった「韓国を正しく伝える」事業を実施している。エッセー公募展は世界における韓国のイメージを改善し、韓国を理解する資料に対する関心を高めるのが狙い。 

エッセーは「外国が持つ韓国のイメージ」または「韓国を理解する資料の活用」をテーマにA4用紙で3枚前後にまとめる。締め切りは7月31日。申込書は韓国学中央研究院のホームページ(www.aks.ac.kr)からダウンロードできる。 

 9月20日に受賞作をホームページで発表する。最優秀賞の2人にはそれぞれ外交部、教育部の長官賞と90万ウォン(約8万円)相当の賞品を贈る。 

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190614002300882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.06.15 09:00 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA