釜山東区、「抗日通り」看板の撤去を来月へ先送りに 2019/12/20

抗日通り撤去騒動
広告

東区、市民団体が建てた抗日通りの看板を 
不法造形物と判断して撤去を予定していた中 
解決策を見出すために行政代執行を猶予

 
釜山東区草梁洞の鄭撥将軍銅像前に建てられた「抗日通り」の看板の前で、ビョン・ジョンヒ釜山女性団体連合常任代表が撤去に反対する1人デモを行っている=キム・ヨンドン記者//ハンギョレ新聞社

 釜山東区(トング)が日本総領事館の近くに建てられた「抗日通り」の看板の強制撤去を来月まで延期することを決めた。

 東区は19日、「安倍を糾弾する釜山市民行動」(市民行動)が建てた看板に対する行政代執行期限を13日から来月13日まで猶予することにした」と発表した。これに先立ち、東区は市民行動に対して看板の強制撤去戒告状を三回も送った。

 東区は「物理力を前面に掲げた行政代執行を強行して衝突が発生した場合、双方に傷だけが残る。強制撤去よりは市民行動とともに解決策を探りたい」と説明した。東区と市民行動は27日に協議を進める予定だという。市民行動の関係者は、「対話の必要性については双方が共感している。内部会議を経て具体的な事項を決めた後、東区と協議を進める」と述べた。

 市民行動は今年8月、強制徴用労働者像がある鄭撥将軍銅像から直線で100メートルほど離れた日本総領事館前の平和の少女像までの道を「抗日通り」と宣言した。日本政府に戦争犯罪の謝罪を促す意味であり、市民が直接この通りを抗日文化の街に作り上げていくという意思表明だった。強制徴用被害者のへ賠償を命じた最高裁(大法院)の判決から1周年を迎えた今年10月30日、鄭撥将軍銅像の前に抗日通りの看板を建てた。少女像と労働者像の建設の意味と抗日通りを造成する理由には違いがないということだった。

 東区は抗日通りの看板を不法造形物と見なしている。歴史的事件に関連した造形物などは道路を占用できるが、抗日通りの看板には歴史的意味がないと判断したのだ。また、公共施設である道路の名前を任意でつけた場合、混乱が生じる恐れがあり、抗日通りの看板を撤去すべきというのが東区の立場だ。同区の関係者は、「十分な対話を通じて、看板問題を解決できるよう努力する」と述べた。

キム・ヨンドン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr)
http://www.hani.co.kr/arti/area/yeongnam/921465.html韓国語原文入力:2019-12-19 17:32
訳H.J
 

管理人コメント

この記事には突っ込みどころがたくさん出てきている

一つづつやっていこう

まずは彼らは目的のためなら何をしてもいいと考えていることだ

反日のためならテロでも殺人でも平気でやるのだから、こういう不法行為も当然のごとくだろう

2つ目

少女像と労働者像の建設の意味と抗日通りを造成する理由には違いがない

歴史的事件に関連した造形物などは道路を占用できるが、抗日通りの看板には歴史的意味がないと判断

歴史的事件に関連した造形物は占有できるという慰安婦像のときに作った前例のせいで、今回のいざこざが起こっているということである

そもそも日本への嫌がらせのために行政側が特例を認めてしまったことがきっかけだったわけで自業自得

そして3つ目

公共施設である道路の名前を任意でつけた場合、混乱が生じる恐れがあり、抗日通りの看板を撤去すべきというのが東区の立場

そうだよね、呼び習わされたものが一部団体の勝手につけた名称のせいで混乱が起きることは十分に考えられる

じゃあ日本海呼称問題もおかしな話になるよねって気が付かないところ

もう自分たちのつくった設定で二進も三進も行かなくなってきてる

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA