「最も脅威感じる国」、北朝鮮がまた1位に 2019/6/12

反日

2019年6月11日、韓国メディア・韓国日報は「韓国国民が最も軍事的脅威を感じる国に、またも北朝鮮が選ばれた」と伝えた。 

記事は、読売新聞と共に日韓で実施した共同世論調査の結果を報じている。それによると、韓国で米国、中国、ロシア、北朝鮮、日本のうち軍事的脅威を感じる国(複数回答)を尋ねたところ、「北朝鮮」との回答が64.5%で最も多かった。記事は「昨年は48.6%で2位にとどまったが、今年は『朝鮮半島の春』が急激に冷え込み、1位に戻った」とし、「2月に行われた米朝首脳会談が成果なく終わったことや、先月北朝鮮がイスカンデル型弾道ミサイルを2度にわたり発射したことが影響した」と分析している。2位以下は中国(48.1%)、日本(39.4%)、米国(20.4%)、ロシア(19.7%)となった。 

また、日本での調査でも北朝鮮(78.0%)が1位で、中国(65.0%)、ロシア(54.0%)、米国(32.0%)、韓国(25.0%)と続いた。「韓国」との回答は、昨年(20.0%)よりやや上昇したという。 

この記事に、韓国のネットユーザーからは「この記事の内容が確かなら、政府は一体何をしているんだ?国民が嫌がっている北朝鮮によくしてやるなんて」「大統領は、北朝鮮の脅威はない、今後も決してないと主張して、見張所や海岸線の鉄条網を撤去し、制裁を緩和しようと呼び掛け世界を回っているのにね」「その脅威的な国と親しくしようとしている大統領がいるのか」「韓国にとって最も脅威的な国は韓国だ」「最も脅威的な人物、文在寅(ムン・ジェイン)大統領」などのコメントが寄せられている。 

一方で「1位は日本じゃないのか」「ひどい記事だ。南北平和ムードが嫌なのか?国民は南北の和合を望んでいる」など、結果への反論も多く見られた。(翻訳・編集/麻江) 

https://www.recordchina.co.jp/b664698-s0-c30-d0144.html
Record China 2019年06月12日 11時20分

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA