日本の嫌韓、5段階でレベル4の危険度・・・「放置してはいけない」 2019/12/25

嫌韓の系譜
広告

|嫌韓、全メディアを通じて急速に拡散中
|一部極右の逸脱行為を乗り越え
|駐日大使も嫌韓の問題を指摘

(写真)
https://img.seoul.co.kr/img/upload/2019/12/24/SSI_20191224130134_V.jpg


▲ 嫌韓の歴史と発展過程を説明する『嫌韓の系譜』の著者、ノ・ユンソンさん
____________________________________________________________

日本の韓国嫌悪、すなわち嫌韓(ヒョムハン)の歴史とルーツは想像よりも根深い。東京の書店に行けば嫌韓書籍が散らばっていて、コリアンタウンがある東京や大阪などではヘイトスピーチ(憎悪発言)に満ちた嫌韓デモが開かれている。それだけではない。新聞やテレビ、インターネット、週刊誌などのメディアを通じて、嫌韓が一般の日本人に浸透する速度も早くなった。日本の嫌韓を現地で体験している南官杓(ナム・グァンピョ)駐日韓国大使が懸念するように、嫌韓は今や対岸の火事という認識で軽く見過ごせなくなった。このような中、日本の嫌韓のルーツと展開過程を的確に構成した本が出た。本格的な嫌韓研究では第一人者と言っても過言ではないだろう。2019年12月の初めに『嫌韓の系譜(グルハンアリ出版)』を出版した著者のノ・ユンソンさんは、高麗(コリ)大学校で『日本の現代文化の中の嫌韓研究』で今年、博士の学位を受けた。現在は高麗大学校の講師として在職している。本は博士論文を基盤に書いた。彼女の結論は、「日本の嫌韓は5段階のうち危険レベルの4段階にきていて、放置してはいけない」というのである。著者に会って嫌韓の現状を尋ねた。以下は一問一答の内容。

(写真)
https://img.seoul.co.kr/img/upload/2019/12/24/SSI_20191224130405_V.jpg


▲ 『嫌韓の系譜』
____________________________________________________________

Q. 日本の嫌韓を定義するなら。

A. 『K-Hate』と新たに命名したいK-Waveである韓流と、K-Hateである嫌韓の相関関係が存在する。 否定的な意味でも相応する用語がなければならない。嫌韓に対する英文表記がバラバラなので尚更のこと。

Q. 嫌韓のルーツ、拡散の経緯は。

A. 先に知っておくべきことがある。日本の出版市場の規模は我が国よりもかなり大きい。日本の出版界で嫌韓を煽り立てる文学作品が数多く登場するが、嫌韓は出版だけではなく放送、アニメーション、映画、オンラインなど日本社会の全分野にわたって現れている。その後では日本の政界が同時に動く。日本の民族主義を強化しようとする日本の国内政治の状況が文化界に一方方向にだけ影響を及ぼすのではなく、双方向に影響を与えながらスペクトルを広げている。

日本の歴史を見れば、自国の内部問題を解決するために隣の我が国を攻撃した事例が数多くある。新羅征討計画、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)、征韓論、関東大震災当時の朝鮮人6,000人余りの大虐殺、バブル経済崩壊以降の嫌韓などがその例である。

1990年代に日本軍 “慰安婦” が前面に露出したことで、日本と韓国メディアで嫌韓問題が台頭し始めた。1991年8月14日、日本軍 “慰安婦” だったキム・ハクスンさんが被害を証言して以降、1992年2月10日に発売された日本の総合月刊誌、『文藝春秋』1992年3月号に掲載された特集対談記事が韓国の日刊紙に掲載されて、これが再び日本の日刊紙に掲載されたことで、日本のメディアで現在まで嫌韓談話が繰り返し再生産されている。

Q. 2019年末現在、日本の嫌韓はどのような状態か。

A. 嫌韓用語は現代に登場した。しかし、憎悪のピラミッドである1,~2段階に該当する先入観と偏見による韓国人に対する憎悪は、過去も現在も変わらない。地震という事件を中心に見た時、関東大震災当時の1,~2段階である先入観と偏見を基に、最終的に5段階である朝鮮人の虐殺まで起きた。2011年東日本大震災以降でも2段階に該当するデマ(朝鮮人が井戸に毒を入れたという形)と同時に、相変わらず韓国人に対する先入観と偏見を基に3,~4段階である差別と暴行が行われている。すでに日本の嫌韓は4段階である。最後が5段階であるジェノサイド(意図的・制度的民族抹殺)だが、どのような事がきっかけで起きるかは分からないが、そのような5段階が起きないという保障はどこにもない。すなわち日本メディアの『嫌韓商売』と街に飛び出たインターネット右翼、直接的な攻撃行為を一部の極右集団の逸脱にだけと眺められない状況になっているのである。

Q. 嫌韓を小林よしのりの漫画、ヨーコ物語、火垂るの墓、そして百田尚樹の著作とともに、それとは対称的な作品『緑と赤』を分析対象としている。これらの著作を分析対象にした理由は。

A. 最も大衆的な素材を分析対象にしてみた。また日本の政界が率先して製作した作品を優先的に選定した。作家の百田尚樹は安倍晋三首相と近いだけでなく、日本の国営放送NHKで要職を務めた人物である。 嫌韓の背後に日本の政界があると思い、分析対象にした。

百田の作品『永遠の0』と『海賊とよばれた男』は映画やドラマ、漫画にまで製作された。映画の場合、山崎貴監督が二つの作品の演出を務めた。百田作品の映画の演出を務めた山崎監督は、2020年東京夏季オリンピックの開会式と閉会式の総監督を務める人物である。これは日本の政治と現代文学、映画産業が相互に影響を与え合ってることを如実に示している事例だろう。

嫌韓を政治的に活用している安倍政権と密接な関連がある百田の作品中に活用された家族愛が、愛国精神の手段に応用されているのだが、家族愛というテーマを素材にしている『火垂るの墓』と『ヨーコ物語』を分析対象にした。太平洋戦争を背景にした作品の中で、家族愛とともに戦争の背景に関する言及過程で現れた戦争加害責任の希釈を中心に分析した。

日本では日本軍 “慰安婦” の存在を否定する談話形成の場として、メディアだけではなくインターネットなどのサブカルチャーの比重がかなり増加している。特に日本軍 “慰安婦” に関連するサブカルチャーの発端は、1990年代初期に小林よしのりが日本軍 “慰安婦” 問題を漫画で描き始めた以降であると分析できる。この時に形成された日本軍 “慰安婦” の談話が、現在の嫌韓論者の基盤となっている。すなわち知識人が特定の事案について一定の視点でこれを規定して、談話を生産した後に流通させた知識談話が権力を生産し始めたのである。

嫌韓デモと関連して、外交部が初めて2013年10月30日に公開した駐日公館別の全数調査によれば、2011年の東日本大震災以降に嫌韓デモの件数が増えたことがわかる。2009年は30件に過ぎなかった嫌韓デモの件数は、2010年に31件、2011年には82件に増え、2012年は301件を記録した。3年間に10倍ほど急増したのである。このような2013年の嫌韓デモを作品の背景にした深澤潮の『緑と赤』を憎悪のピラミッド構造に当てはめて分析した。

Q. 日本の社会で嫌韓を排斥するための自浄努力はあると思うか。

A. 2013年に日本にカウンターズ(Counters)という市民団体が登場した。カウンターズは日本の嫌韓デモや嫌悪発言に反旗を翻して行動に乗り出した人たちを称する。最近はドキュメンタリー映画としても製作され、これらの活動状況が大衆に知れ渡った。嫌韓デモ隊に対立するデモも最近になって頻繁に起きている。しかし日本は我が国に比べて市民団体の活動が弱く、嫌韓の背後に日本政府がいる以上、根本的な解決は難しいと思う。

Q. 川崎市がヘイトスピーチ処罰条例を作ったことをどう評価するか。

A. 長足の進歩だと思う。しかし立法ではなく条例に過ぎないという点から見て、相変わらず日本政府はこれを傍観していることが分かる。嫌韓はそれ自体が言語の暴力であると同時に物理的暴力を誘導するという点から単純な表現を越える危険性を持っているだけに、このような条例をより一層拡大して最終的には日本で処罰条項を制定して立法に繋げなければならないと思う。

Q. 日本で嫌韓デモ、ヘイトスピーチに対する法律による制裁が拡散しない理由は何だと思うのか。

A. 嫌韓は日本の政界と密接な関係を持っている。彼らにとって韓国は、国内政治の難関を突破させてくれる重要な手段である。日本政治は非常に保守的な志向を帯びていて、先進国であるにもかかわらず矛盾した点を数多く持っている。日本政治が天地開闢(世界の始まりのこと)しない以上、嫌韓に対する法律制裁が拡散するのは容易でないと見られられる。

Q. このまま嫌韓を放置すれば、関東大震災の韓国人虐殺のような第5段階のジェノサイドが現代の日本に再現される可能性があると思うか。

A. 仮に日本で関東大震災級の災害が発生したと考えてみよう。これまで日本の政界が歩んできた方向から見て、最も容易なハンプリ(恨み晴らし)の対象は誰と見るか。もちろん現代社会でジェノサイドのような極端な事態が起きることは容易ではないが、日本国民に嫌韓がスローガンだけでとどまるのではなく、物理的行動に繋がる可能性は十分にあると思う。

Q. 希望があれば。

A. 嫌韓研究が研究だけで終わってはいけない。日本の嫌韓問題について、韓国で公論化されなければならない。それで日本の浄化運動を誘導して、ひいては国際舞台で公論化されるように努力しなければならない


ソース:ソウル新聞(韓国語)
https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20191224500055


 

4
反日しながら何言ってんだこいつ
 
6
原因は全て韓国のこれまでの言動と行動からですよ。

7
上記を逸した反日を見せつけ続けた成果やろ
まだ嫌韓広がる余地あるぞ

8
反日教育してるから嫌いなだけだよ
(。・ω・。)

9
>日本の歴史を見れば、自国の内部問題を解決するために隣の我が国を攻撃した事例が数多くある。

<丶`∀´> 鏡見て喋ってるニダ
 
14
韓国は詐欺国家、集り国家、売春国家
嫌韓は文明人として当然の結果
 
17
韓国の反日は放置か。ふざけんなよ
 
26
決着付いた試合後にバンバンぶん殴ってくる相手を好きになれる方法を教えてください

27
まるで「自分達はなにも言ってないのに日本がいじめる」とでも言いたげだな
 
37
5段階で2ぐらいだろ
まだ朝鮮人という理由で殺される奴が誰もいないもの
というか日本以外に目を向けてみろよw

38
嫌われるようなことしておきながら嫌うなって言われても困る。

ヘイトとかそういうんじゃないわ。
 
45
J-HateをレベルMAXでやってる奴らが何をいってんだ
 
53
反日教育しているのによくいうわw

54
Discount JapanとかVANKに言及せず、一方的に被害者ぶられてもな

55
嫌われることばっかやってて
こいつらバカじゃねーの
 
68
チョンは嘘をつくついでに呼吸をしている。

69
韓国嫌いっていう気持ちを持つのはヘイトなのか?
 
73
すごいなこれ
自分たちの嘘や捏造や約束破りや反日は棚に上げて
嫌韓は偏見で日本が悪いとな

74
世界一のお人好し日本人から嫌われたら
オシマイ。
チョンの消滅。
まー世界は大喜びだけどね。
 
76
K-Hate  wwwwwwww


いい表現するじゃんwww

77
一応よんでみたけど
韓国自身の原因には触れてないよね
むしろほぼ去年末から起きた諸々が多くの原因だけども
 
79
いやいやまだまだ
この程度の嫌韓はレベル1だろ
すでに嫌いだけどこれからもっと嫌いになる
 
84
いつもの被害者ポジション
 
98
段階で言ったらまだ1くらいだろ
冷静な対応しかしてないんだから
 

管理人コメント

これはレベル4ではない。レベル1だ

ラゾーマではない メラだ

日本の嫌韓レベルなんて韓国の日本ヘイトに比べたらかわいいもんだろう

もうこの記事自体が日本ヘイトのようなもの

『火垂るの墓』と嫌韓の関係なんて想像もできんぞ

 

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA