中国の韓国ゲーム差別問題、韓国外交部は見解と対策を明らかにせよ 2019/12/12

韓国ゲーム
広告

 韓国ゲーム学会は11日、韓国外交部に対する声明を発表し、「韓国のゲームに対する中国政府の差別にどういう見解と対策を持っているのか明らかにすべきだ」と要求した。2017年の終末高高度防衛ミサイル(THAAD)配備を巡る対立で中国政府が韓国のゲームに対する新規許可証(版号)の発給を完全に中断したことを外交問題ととらえ、担当官庁である外交部が積極的に対処すべきだとの趣旨だ。

 学会は10月24日から12月6日まで4回にわたり、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に許可証未発給問題に関する見解と対策をただす文書を送ったが、回答が得られていないとした。同学会のウィ・ジョンヒョン会長(中央大教授)は「外交部は担当課長に許可証未発給に関して説明すべきだ。過去3年間、韓国ゲーム業界の中国進出が阻まれた事実を知らなかったというのか」と不満を漏らした。

 学会は「前回の大統領選ではゲーム産業復興の適任者として文在寅(ムン・ジェイン)候補を支持したが、許可証問題解決の当事者である外交部は何の対策も示していない」と述べた上で、「近く実現する中国の習近平国家主席による訪韓と韓中首脳会談でゲームが再び外交上の懸案から疎外されはしないかと懸念している」と指摘した。中国は韓国のゲームに門戸を閉ざす一方、米国、欧州、日本などのゲームは月に数十件も許可証を出している。中国進出が阻まれる間、ゲームの開発能力を蓄えた中国のゲーム業者は韓国市場に進出し、好業績を上げ、国産ゲームを隅に追いやっている。ウィ会長は「こうした不平等で韓国のゲーム産業は既に数兆ウォンの被害を受けた」と語った。

オ・ロラ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/12/12/2019121280002.html


 

管理人コメント

中国さまにはなにも言えないニダ

 

韓国ゲームといえばオンラインゲームを想像する

恥ずかしながらいくつかやったことあるけど

面白かったが、振り返ると時間泥棒だよな

もったいないことしたと反省

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA