韓国の低所得層の労働者に人気の賃貸住宅「ゴシテル」とは何かを紹介【画像】 2019/12/4

ゴシテル
広告

・Life in South Korea’s Goshitels: Inside the tiny 50ft-square housing units where poor workers are forced to live due to Seoul’s soaring property prices

とあるカメラマンが、韓国のソウルの不動産価格の高騰のせいにより、数千人に及ぶ韓国の低所得労働者と学生が住む事を余儀なくされている場所、「ゴシテル」の窮屈な暮らしの様子を写真にとらえた。

ゴシテル(ゴシウォンgoshiwons)の多くは、54平方フィート(約5平方メートル)未満の小さい寄宿舎型の部屋で、一人がやっと快適に収まる事ができる程度の広さで、家具や服や本でぎゅうぎゅうに詰まっている。

しかしゴシテルは、韓国の首都ソウルでは住宅価格の上昇のせいで金銭的に余裕がない労働者のための家となっている。月額200,000ウォンから300,000ウォン(2~3万円?)と、遥かにアパートなどより安い価格のために人気があるという。

※全文はリンク先へ

15:18, 04 Dec 2019 Daily Mail
https://www.dailymail.co.uk/news/article-7754505/Life-South-Koreas-Goshitels.html


 

ゴシテル

リンク先に画像多数あり


2
ムショより酷い
 
6
これだもんな在日が帰りたがらないわけだわ
 
8
そら日本に犯罪に来てとんぼ返りする韓国人もおるで
 
10
炊事やトイレは共同なのかな。
 
17
日本のネカフェとネカフェ難民そっくりだな
どこまでも似た者同士の国たちだ
 
20
何年かしたらこの写真も日本による虐待の証拠に使われるんだろ?
 
26
なんで総じて裸なんだよ、気持ち悪いなぁ
 
28
どうして皆さん裸で写真に写ってるんだ? カメラが天井に設置されてるみたいだし。
そういう趣旨の記事じゃないかと思ってしまう。

映画「少林サッカー」の“魔の手”(ゴールキーパー)の部屋みたいだな。
厳密に言えば、部屋の中は映像で見せてくれないけど。
 
38
生ポの在日にはこの程度の巣で十分だよな

39
家財道具も置けるネカフェ難民か・・・
 

 

管理人コメント

足伸ばして眠れる長さがあれば十分いける

というかマイクラもそうだけどすべてがコンパクトにまとまってる拠点って便利だよね

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA