日韓関係が冷え込む一方で、日本では韓国文学の人気が高まっている 2019/11/9

神田神保町
広告

日韓関係冷え込むも 韓国文学人気でにぎわい 神田神保町
2019年11月9日 17時31分

日韓関係が冷え込む一方で日本で韓国文学の人気が高まっていることを受け、韓国文学の魅力を紹介する催しが、本の街として知られる東京の神田神保町で開かれました。

この催しは、韓国の本を取り扱う日本の出版社などが共同で初めて開き、東京 神田神保町の会場では、日本の出版社と韓国の書店が店舗ごとに23のブースを設けて小説やエッセー、絵本などおよそ2500冊を売り出しました。

主催者によりますと、日本では韓国文学の翻訳が進んで急速に人気が高まり、『82年生まれ、キム・ジヨン』や『私は私のままで生きることにした』などが、翻訳書として異例のヒットを記録しています。

会場では、こうした文芸書や工夫を凝らした装丁の絵本などが多く売られていたほか、韓国の書店のブースでは、日本では手に入りにくい韓国語で書かれた原作が販売され、お目当ての作品を買い求める多くの人でにぎわいました。

催しを開いた出版社の代表、キム・スンボクさんは「韓国への興味が文学にも広がっていることを実感し、うれしく思います。まだ知られていないおもしろい作品がたくさんあるので、今後も紹介していきたい」と話していました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191109/k10012171041000.html


 

5
ウンコガチンコ
 
7
「反日種族主義」も早く売り出そうぜ
 
85
>>7
反日種族主義 日韓危機の根源
2019/11/14発売ですね
 
12
日本では手に入りにくい韓国語で書かれた原作が販売され・・・・
 
16
そういうミスリードは終わったんだよ。
 
27
また、記者の個人的感想をブーム化

犬放送は在日朝鮮人を採用するのやめたら?
 
28
 
31
文学じゃないけど「反日種族主義」はけっこう売れそうだな
NHKは特集組めよ
 
33
NHKが広告に手を貸したらあかんでしょ
 
49
韓国文学の最高峰と言えば

高銀(うんこ)先生のこの詩だろうな

一杯のバケツ
肉のスープが一杯で溢れそうだ
スプーンでフーフーして啜ると喉に染み渡る
全て平らげると用足ししたくなる
今度は糞尿でバケツが満たされる
裏の畑にまいた後は雑巾を絞る
明日もまたこのバケツは肉のスープで満たされるだろう
嗚呼幸せだ
 

 

管理人コメント

高銀(コ・ウン)氏セクハラ裁判で負けちゃったね…

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA