あの「モルゲッソヨ」が宮崎に降臨中! まさかの黄金バージョン 2019/6/14

モルゲッソヨ

「モルゲッソヨ」のこと、覚えているだろうか。2018年の平昌五輪期間中に、日本のネットユーザーの心をわしづかみにした韓国の彫刻像のことだ。 

注目を集めた理由は、その奇抜なデザインにある。顔をすっぽりと覆うヘルメットをかぶった全裸の男性像で、ピシっとした直立不動の姿勢。まさに顔を隠して股間は隠さずといった具合で、シュールとしか言いようがない。 

正式な作品名は「弾丸男(Bullet Man)」だが、日本では「モルゲッソヨ(韓国語で『分かりません』の意)」の名前で定着。ネット上にはコラ画像やアスキーアート(AA)が飛び交うなど、完全に「ネタ」となっていた。 

そんなモルゲッソヨが、なんと日本に降臨(?)していた。 

宮崎空港(宮崎市)で2019年6月9日から開催中の「2019宮崎国際現代彫刻空港展」で、あのモルゲッソヨが展示されているのだ。 

しかも、宮崎で展示中のモルゲッソヨは、銀ではなく黄金に輝いているのだ。 

作品名は「黄金弾丸男」 
宮崎空港での現代彫刻展は、今年で30回目。国内外の作家が手掛けた彫刻70点を、空港1階のオアシス広場で展示している。入場は無料なので、空港の利用客は誰でも作品を鑑賞することが可能だ。 

黄金のモルゲッソヨの作品名は、そのまんま「黄金弾丸男(Golden Bullet Man)」。もちろんだが、作者は本家と同じキム・ジヒョン氏である。サイズは高さが45センチと、平昌のものと比べるとかなり小さめだ。 

Jタウンネットが14日、宮崎空港ビルの担当者に話を聞いたところ、 

「若い方が『モルゲッソヨだ~!』と言って、写真を撮っているところを見ますね」 

とのこと。やはり、けっこう人気があるらしい。 

写真をよく見ると、像の台座に「34万1000円」という値段が書かれている。ということは、モルゲッソヨを購入することができるのだろうか。宮崎空港ビルの担当者に聞くと、 

「もちろん、購入が可能ですよ。モルゲッソヨについては、まだ購入された方はいませんが…」 

とのことだった。 

なお、黄金という名前がついているが、純金製ではない。担当者によると「レジンとウレタン塗料でできています」という。 

会期は6月23日まで。韓国に行かずともモルゲッソヨを生鑑賞できるチャンス、これは見逃せないかもしれない。 

2019年6月14日 14:01 
https://j-town.net/miyazaki/news/localnews/290199.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA