【魔法のカード】韓国の駐中国大使がキャバクラ代金約7000万ウォンを法人カードで決済 2020/10/20

張夏成駐中国大使
広告

法人カードで風俗店費用決済疑惑の張夏成氏に高麗大生ら「先生が犯罪者だったなんて」

 張夏成(チャン・ハソン)駐中韓国大使の「風俗店疑惑」に関連し、高麗大学のコミュニティーサイトには「講義のときは知性人の姿をしていたのに、失望した」という書き込みがアップされている。あるユーザーは、張大使の著書『なぜ怒るべきか』に引っかけて「先生の教えの通りに怒ればいいのか」と書き残した。経営学科のある在校生は「尊敬していた先生方が犯罪者だったのだから、試験勉強中に『現タ』(現実自覚タイム)がやってきた」と書き残した。 

 ソウル市江南区の遊興酒店(キャバクラのような風俗店のこと)にておよそ7000万ウォン(現在のレートで約643万円)を法人カードで決済し、教育部(省に相当)が重懲戒を要求していた高麗大学教授12人の中に張夏成大使が含まれているというニュースが16日に伝えられると、高麗大学のコミュニティーサイト「コパス」には「張夏成の青瓦台(韓国大統領府)入城前に講義を聞いた者だが」という書き込みがアップされた。このユーザーは「その時点では、生ける知性人。講義の伝達力は最高。芸能人の中の芸能人がG-DRAGONとするなら、教授の中の教授は高麗大学経営学科の誇る張夏成だった」としつつ「ところが、全部ウソだった」と書き込んだ。別のユーザーは、張大使の著書の画像をアップして「先生の教えの通りに怒ればいいタイミングだな」というコメントを残した。

以下ソース
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/10/17/2020101780008.html


記事・コメント抽出元
https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1603189804/-100

3
韓国人の鑑だ。

4
いや、ちょっと待て。
日本にも元文科省の役人が、
女の子の悩みを聞いてあげるボランティアという崇高な目的で
夜の店に通っていたことがあった。

まあ、法人カードを使って通ったのは問題だが、
どういう目的で通ったのかはじっくり聞いてあげてもいいのではとw

経営学の研究のためだったのかもしれない。

5
どこのビーチ前川?


スポンサーリンク



記事概要

張夏成駐中韓国大使など12名

高麗大学の教授として「生ける知性人」との評価をされた人物が、風俗店で法人カードで決済をしていたことが判明

高麗大学の学生がっかり


管理人コメント

失望するのはまだ早いゾ

貧困女性の調査のためだったかもしれないジャナイカ

7000万ウォンが貧困女性にわたったと考えれば、普遍的な女性の人権問題に熱心な韓国なら許されるだろう


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA