【韓国】同性の先輩から7年間性的暴行を受けて『国家代表』の夢を諦めたテコンドー選手 2020/10/11

テコンドー有力選手同性から性暴行
広告

国家代表を夢見ていたテコンドーの有望選手が小学生の時から7年間、同性の先輩に性暴行を受けていたと主張した。

被害者は結局テコンドーを諦めて、数回極端な試み(※自殺未遂)までしたことが明かされて、大きな衝撃を与えている。

11日JTBC『ニュースルーム』では同性の先輩に7年間性暴行を受けて夢を諦めたあるテコンドー有望選手の消息を報道した。

報道によれば、小学生の時からテコンドー選手生活をしてきたA氏は高校2年生の2018年にテコンドーを辞めた。

突然パニック障害やうつ病、ストレス性じんましんの症状などが現れたからだ。

病院に入院するほど症状が酷くなるまで、家族は原因が分からなかったという、

そして今年初め、病院で相談をする中でA氏はこれまで先輩に性暴行を受けてきたという事実を打ち明けた。

A氏は小学校4年生の時から2年先輩のB氏から頻繁な時は1週間に1回ずつ、7年間性暴行を受けてきた

A氏が抵抗すれば、加害者であるB氏は足で蹴るなどの苛酷行為(※元山爆撃)をしたことが明らかになった。

全国大会で数回優勝までして国家代表を夢見ていたA氏は結局テコンドーを辞めた。

被害者の両親は当時の館長にも責任があると主張している。A氏の父親はメディアとのインタビューで「館長とうちの息子と加害者と3人が同室で寝ていても性暴行を受けた」と話した。

また、先輩に抵抗したり問題を提起するのが難しいスポーツ界の雰囲気にも問題があると主張した。

A氏の父親は「運動をしていると位階秩序のせいで子どもが気後れして…このようなことが再び起きないように、我々の子どもたちが運動してスポーツ界が良い文化を作っていければ思う」と話した。

先輩のB氏は現在起訴意見で送致された。B氏は品物を投げたり殴ったことはあるが、性暴行した事実は無いと容疑を否認している。

一方、スポーツ倫理センターは館長が当時未成年者だった被害者の被害事実を知っていながらも責任を果たさなかったのかを調査中だ。

2020.10.11 22:12
https://www.insight.co.kr/news/307533


記事・コメント抽出元
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602584613/-100

2
またホモか

4
国技で国技(`・∀・´)

6
ほのぼの韓国ニュース

10
相変わらずの朝鮮人ホモ状態はどうでもいいが
もうオリンピック種目から外せ
東京オリンピック種目に
チョコンドウは要らない

11
小学生から男性経験か
そりゃ気の毒な話だな

17
ほんとエリート性犯罪者多いなw

20
7年間のホモ行為か…

23
性別書いてないけど、ホモ隠しかよ
ホモ大国なんだからもっと堂々としろよ、バカチョンw

24
冗談かと思っていたが
本当にホモだらけなんだな

26
テコキ道

34
前々から軍のイジメでも
ホモレイプがあるけど

こういうの見てると
相手を屈服させるための手段でレイプが
韓国では当たり前なのかな?とは思ってしまう

41
ホントにどいつもこいつもw
立場が上だとすぐセクハラ

44
兵役関係なくジングルベル

46
韓国人は徴兵時にそういう道を覚える
と思ってた俺は甘かった
もっと深い民族的な部分であっー


スポンサーリンク



記事概要

(※♂×♂)

小学4年生の頃から7年間、2年上の同性の先輩から頻繁に性暴行をうけ全国大会にまで出場するA氏はテコンドーを辞めた

パニック障害やうつ病、ストレス性蕁麻疹などの症状

先輩は性暴行の事実はないと容疑を否認


管理人コメント

国技なんだっけ?

何がとは言わん


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA