【徴兵制度】韓国のゲイ男性が兵役で見た地獄。除隊後に逮捕、そして精神病院へ…韓国の徴兵制度は当事者の心を蝕む悪しきもの 2020/10/8

韓国軍人
広告

 韓国社会では、性的マイノリティに対しての抑圧が根強い。日本でも人気を博した韓流ドラマ『梨泰院クラス』でも、主人公が経営する居酒屋のコックがトランスジェンダーであることが報道を通じて暴露され、差別を受けるというシーンがある。

 現在ではSNSやYouTubeなどを通じてLGBTを公表する人も少しずつ増え、別の文脈だがBL(ボーイズラブ)漫画も普及するなど、性の多様性が認知され始めているが、就職や人間関係といった実生活にまで害を及ぼしかねないため、実際にカミングアウトにまで至る人はごく少数に留まっていると言った方が正しい。

 基本的に異性間の性愛以外についての理解は日本より低く、それが著しいかたちで表れているのが、軍隊だ。以前、記事〔「ゲイクラブ集団感染」で浮き彫りに…韓国の同性愛差別の実態〕で軍隊が性的マイノリティへの偏見を助長・増幅する集団となっていることについて述べたが、今回、実際に兵役で地獄のような日々を送ったというゲイ男性とその周辺の人々から話を聞くことができた。プライバシーに配慮し、一部フィクションを交えて紹介したい。

———-
【安宿 緑(やすやど みどり) プロフィール】
東京都生まれ。ライター、編集者。東京・小平市の朝鮮大学校を卒業後、米国系の大学院を修了。朝鮮青年同盟中央委員退任後に日本のメディアで活動を始める。韓国心理学会正会員、米国心理学修士。著書に『実録・北の三叉路』(双葉社)、『韓国の若者』(中公新書ラクレ)。
———-

◆兵役を逃れるため留学

 1980年代後半、ソウルに生まれたキム・ドンウォンさん(仮名・30代)は小学生の時に父親が他界し、屋台を営む母親と妹と3人で暮らしてきた。自身がゲイであることに気づいたのは中学生の頃だった。

 「韓国社会でゲイとして生きるというのは、周囲の偏見はあるが、それほどの弾圧があるわけではない」と話すキムさん。中東のように違法でもなく罰則もない。しかし、市民団体やキリスト教団体の反感が強く、社会的承認はほとんど得られていないという。

 キムさんの人生を変えるきっかけとなったのが、音楽の趣味が近いことをきっかけに親しくなった高校の友人Iさんだった。

 Iさんは高校に馴染まず、しばしば韓国社会の閉塞感を口にしていた。彼は「国内の大学に行っても徴兵され、その後は低賃金労働が待っているだけ」と言い、1年も経たずに高校を自主退学してイギリスに留学した。

 Iさんから強く影響を受けたキムさんも、高校卒業と同時にイギリスに渡り、1年近く語学留学をした。イギリスでの生活は韓国より自由だったものの、観光ビザで滞在していたためキムさんはアルバイトを転々としたという。

 イギリス留学を終えて帰国し、韓国の大学に入り直したキムさんだが、ゲイに対する偏見や迫りくる兵役への焦りから、今度はフランス留学の道に発つ。この時20歳だった。

 パリに向かう途中で1週間ほど東京に滞在し、当時日本の大学に通っていた友人たちとも久しぶりに再会。新宿二丁目にも通ったという。最後の日は、高円寺の氷川神社で「無事に兵役から逃げられますように」と祈った。

◆若者を待つ理不尽な軍隊生活

 しかし、フランスで語学学校に通いながら大学を受験するも、あえなく不合格に。その上、一緒に住んでいたジャマイカ人にお金を持ち逃げされ、絶望に打ちひしがれたキムさんは持病だった痔の薬を一気飲みし、自殺を試みたという。

 飲んだ後に思い直し、自ら救急車を呼んだため、無事で済んだものの「精神状態に問題がある」と診断され、パリの病院に2か月ほど入院したのち、2年ぶりに韓国に戻ることになった。そして結局、彼は兵役から逃れることができず、軍隊に入隊することになるが、そこでの生活は散々なものであった。

 「軍隊では理不尽な命令をされることも多かったのですが、友人のIならこういう不当な命令には従わなかったはずだと思い、抵抗していました。するとある日、先輩軍人らに建物の屋上に連れて行かれて暴行を受けたのです」

 しかし熊のように大きな体格をしたキムさんは、逆に先輩を制圧。これがきっかけとなり、その後は数か月にわたって、先輩から集団での暴行を受け続けた。ある時その暴行により軍病院に入院したが、キムさんは入院中に朴正煕(元韓国大統領)の自伝など、数々の愛国的な本を読むことで、自分を鼓舞したと言う。

 「軍隊生活に耐えて生き残るためには、考え方を完全にこうした本の内容に合わせることが必要だと思いました」

◆除隊からの逮捕、そして精神病院へ

 ここでキムさんは奇行ともいえる行動を起こす。「モチベーションを上げるため」、当時日本で働いていたIさんに「殺害予告」のメールを何度も送り付けたのだ。自身に多大な影響を与えたIさんに不満をぶつけることで、精神の安定をはかったのだという。

 除隊したときには、30歳手前になっていたキムさん。韓国で通っていた大学は中退、フランスでは大学受験に失敗。手元に残ったのは除隊証明書のみだった。

 その後、再びキムさんは海外渡航を試みた。具体的には、新聞奨学生制度を利用し、日本へ行こうとしたのである。理由は「韓国とは違う、リベラルな社会で暮らす欲求を捨てきれなかったから」。

 だが日本への出発が決まって間もなく、キムさんは旅先の済州島で警察に逮捕される。

 罪状は、田んぼに裸で横になっていたことによる不法侵入罪。「横になっていたら、空中からダライ・ラマが自分を見下ろしていて、周囲の人の携帯番号を頭に受信した」そう。

 これにより医師から統合失調症と診断され、それから2年半近くの入院生活を強いられた。現在は期限付きの障害者3級とされ、行政から生活支援などを受けながらソウル郊外で母と二人で暮らしている。当然、日本での新聞奨学生の機会も失われた

 2014年、徴兵拒否を理由に、初めてフランスへの亡命が認められたイ・イェダさんが東京で記者会見を行った時は、羨ましくてたまらなかったという。

 その後、キムさんから未だに殺害予告が届くという友人のIさんにも話を聞くことができた。彼は次のように話す。

 「海外に出る計画が失敗に終わったこと、大学を出て会社員となり、不動産投資などをして手堅く生きるソウルの同年代の理想像から取り残されていることへの恨みを、私にぶつけているのだと思います。

 しかし、私は受信拒否する気はありません。彼には立ち直ってほしい。因果関係は定かではありませんが、発症時期などを考えると軍隊での体験が引き金になった可能性が高いと医師も話しているようです。私も韓国の徴兵制度は、当事者の心を蝕む悪しきものであると思っています」

 もちろんキムさんのケースは極端なものだろう。しかし筆者から見れば、彼がゲイであることへの迫害も含めて、韓国社会での多様性を認めない空気や、生きづらさを体現しているようにも思えた。

現代ビジネス 10/8(木) 7:01
https://news.yahoo.co.jp/articles/78aee4702e604de5445bff63d5a1cde840df0354

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/76107


記事・コメント抽出元
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1602112868/-100

4
どこから突っ込んでいいのか…
ゲイ以前に問題山積みだろ

8
モチベーションを上げるためって…
どこから突っ込めばいいのか分からんな

9
人生何一つ成功してない半島民のおもしろ失敗譚が書かれてるだけで
結局このカスの転落人生とトランスジェンダー全然関係無いやないか(´・ω・`)

11
世話になった人間を恨むのは朝鮮人の性質だろ

16
>だが日本への出発が決まって間もなく、キムさんは旅先の済州島で警察に逮捕される。
>罪状は、田んぼに裸で横になっていたことによる不法侵入罪。「横になっていたら、空中からダライ・ラマが自分を見下ろしていて、周囲の人の携帯番号を頭に受信した」そう。

日本に来る前に捕まってくれて本当に良かった

22
持病の「痔」
ケツ穴使いすぎだろ。

日本に来る前にタイーホされてよかったわ。済州島警察GJ。
こんなキチガイが日本に来て重犯罪やらかしてもキチガイで無罪とかになるんだろ。

 34
 >>22
 そうでもないと思うわ・・・・・。
 下朝鮮人は胃がんと痔が凄く多いんだわ・・・・。理由はおそらくキムチの喰いすぎ。w
 昔から痔が多かった。

23
もはや、銀魂のネタレベル。
こんな危険人物輸出すんじゃねえよ!!

24
精神異常で熊のような体格をした韓国人のゲイなんて日本に来るなよw

38
ごく一般的な朝鮮人男性のお話でしたwww

41
こんな危ないのが日本にくるとこだったのか

47
>しかし熊のように大きな体格をしたキムさんは、逆に先輩を制圧。
かっこよすぎて笑ったw

55
ジングルベル症候群キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

57
ホモ野郎に軍隊は天国じゃないの?

63
ゲイの苦労話かと思ったら、兵役逃れの入院話だったり、嫌がらせをした話だったり犯罪行為の話だったり

ゲイとも関係ない上、何のオチも無く何が言いたいのかもわからんが
取り敢えずこういう症状持ってるやつらが日本に逃げてくるんだなと認識した。

74
・屋台を営む母親と妹と3人で暮らし
・イギリスで観光ビザでアルバイト
・パリに向かう途中で新宿二丁目に通う
・氷川神社で「無事に兵役から逃げられますように」と祈る
・フランスで一緒に住んでたジャマイカ人にお金を持ち逃げされる
・持病だった痔の薬を一気飲みして自殺を試みる
・飲んだ後で思い直し、自分で救急車を呼ぶ
・先輩軍人らに暴行を受けるが熊のように大きな体格をしたキムさんは逆に先輩を制圧
・数か月にわたって先輩から集団で暴行を受け続け軍病院に入院
・朴正煕の愛国的な自伝で自分を鼓舞
・モチベーションを上げるため日本で働いていたIさんに殺害予告のメールを送る
・新聞奨学生制度で「韓国とは違う、リベラルな社会」の日本へ行こうとする
・日本への出発が決まって間もなく田んぼに裸で横になって逮捕
・「横になっていたら、空中からダライ・ラマが自分を見下ろしていて、周囲の人の携帯番号を頭に受信した」
・統合失調症と診断され2年半近くの入院生活、現在は期限付きの障害者3級

ツッコミどころ多すぎるw
もうゲイとか、どうでもよくね(´・ω・`)

76
絶望に打ちひしがれたキムさんは持病だった痔の薬を一気飲みし、自殺を試みたという

駄目だ
ここ読んだ瞬間にもう何も頭に入って来ない。。

93
ゲイは関係なく、若者がヘルコリアから逃げ出したい、ってのはよく伝わる


スポンサーリンク



記事概要

韓国社会では性的マイノリティは生きづらい

あるゲイの男性は持病だった痔の薬を一気飲みして自殺を試み

軍隊では先輩から集団で暴行をうけ

モチベーションをあげるため友人に殺害予告メールを送り続ける

日本行きを目指すも田んぼで裸になっているところを警察に捕まりご破算

「横になっていたら、空中からダライ・ラマが自分を見下ろしていて、周囲の人の携帯番号を頭に受信した」など意味不明な発言で統合失調症と診断

韓国社会の多様性を認めない空気や生きづらさが現れていると記者


管理人コメント

想像してた記事とは違ったが、想像通りの斜め上の記事だったw

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何を言ってるのか わからなかった…

頭がどうにかなりそうだった…

ゲイがどうのこうのの問題じゃない異常性

来日寸前で逮捕されたのだけが救いか

こういうのが日本を目指してきているとなると…

助けて、菅総理


広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA