「オタクきもい」すごくきもい。韓国でアニメ映画上映前にスタッフがマイクで発言…映画館側が謝罪 2020/8/24

バンドリ韓国
広告

韓国最大のマルチプレックス映画館CGVが「オタクきもい」という発言について、頭を下げた。

事の発端は8月22日、ソウルにあるCGV往十里(ワンシムリ)店で日本のアニメ映画『BanG Dream! 8th☆LIVE』のライブビューイングが上映される前のことだ。

上映の遅延を知らせる案内放送が出た直後、マイクがオフにならない状態で男性アルバイトが「オタクたちが気持ち悪い。すごくきもい。水着を着ているのを見て、“わあ”と叫んだりしている」などと述べた。その発言はそのままマイクを通じて上映を待っていた観客に伝わった。

『BanG Dream! 8th☆LIVE』は、人気アプリゲーム『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』による野外イベントで、日本だけでなく韓国、台湾などでもライブビューイングの実施が決まっていた。

アニメを見る人への侮辱?

そんな事実が8月23日にオンラインコミュニティに掲載され、「オタク」(韓国語でもそのままオタクと表記される)という言葉が韓国では漫画やアニメ、ゲームなどの日本文化にどっぷりとハマり、社会に閉鎖的な人々を指す否定的な言葉として使用されているだけに、アニメを見る観客を侮辱する発言ではないかとの議論が巻き起こった。

論議が広がると、CGVは観客に直接テキストメッセージを送信し、「8月22日にCGV往十里でライブビューイング“BanG! Dream”上映時にかんばしくないことが発生し、お客様に大きな失望と心配をおかけした点について深く反省し、頭を下げて謝罪したい」と謝罪した。

続いて「私たちのスタッフの不適切な発言で当日、現場で激しい不快感と心の傷を受け方々と、記事などで関連内容に接して失望したすべての方々に心から申し訳ないという言葉を申し上げる」と伝えた。

また「そのスタッフも本人の不覚で生じたことについて深く反省している」とし、「そのスタッフに対する措置とともに、CGV往十里メンバーは内部プロセスを徹底的に再点検し、今後再び同じことが発生しないように最善を尽くすこと約束したい」と付け加えた。


https://news.livedoor.com/lite/article_detail/18781887/


 

記事・コメント抽出元

https://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1598253273/-100

 
6
謝罪だけでなく賠償もしろよ。
南朝鮮スタンダードだろ。
 
7
これは狙った反日活動の一環だな。

8
「韓国人きもい」

9
今後本音の声が届かないように気を付けます
 
14
日本のケープップの会場でもスタッフとして紛れ込んで「ファンきもい」とやったら謝罪だけでは済まされないだろうな。
 
18
間違ったこと言ってない
生ライブでもないのにいちいち集まって騒いでるオタクが気持ち悪いのは世界共通
 
 20
 >>18
 ハゲに面と向かって「ハゲ、気持ち悪い」と言ったら喧嘩になるだろ
 正しいことを言うことが正しいわけではない
 
24
で、NO JAPANはどうなったんだ
 

スポンサーリンク

記事概要

韓国の映画館で「バンドリ8thライブ」のライブビューイングが上映

その際、男性アルバイトが放送マイクを切り忘れた状態で「オタクたちが気持ち悪い。すごくきもい」と発言し問題に

映画館側は謝罪のコメントを発表


 

管理人コメント

NOJAPANに関する指摘はないのか

これが日本アニメに対する批判だったなら韓国内の反応はまた違ったかもしれんね

口は禍の元

 

関連記事

【韓国】『バンドリ!』ライブビューイングの館内放送で「オタクたちキモい」・・・観客の怒り爆発! 2020/8/24

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA