【朝日新聞】韓国のBTSはなぜアメリカを熱狂させるのか 日本でも共感…外見や礼儀正しさなどに親近感を感じる人も多い 2020/7/12

BTS
広告
「BTSを読む」インタビュー 新しいのに懐かしい?次世代K-POPに全米が熱狂する理由


韓国出身の7人組ヒップホップグループ、BTS(防弾少年団)が世界的な人気を呼んでいる。2018年以降、アルバムは4枚連続で全米1位(ビルボード誌)。2018~19年のワールドツアーでは日韓だけでなく、欧米の巨大スタジアムをファンが埋め尽くした。主に韓国語で歌うアイドルグループが、なぜ全米を熱狂させるのか。日本からは見えにくい「BTS現象」について『BTSを読む』(柏書房)著者のキム・ヨンデさんと翻訳者の桑畑優香さんに、背景も含めて聞いた。

●BTSはなぜアメリカを熱狂させるのか

――BTSを知り「これは大変な現象だ」と感じたのはいつごろですか?

キム 2013年のデビュー前から噂は聞いていました。韓国3大芸能事務所の一つ、JYPエンターテインメント出身のパン・シヒョクという作曲家は業界で有名でしたから、そのパンがデビューさせる新たなグループだという程度の認識でした。
 翌年、たまたまネットで見たKCON(アメリカで開かれる、K-POPアーティストや韓流文化の紹介イベント)の出演者リストに、BTSの名前を見つけました。行ってみると、ショーケースも記者会見も、無名の新人BTSにものすごい多くの人が集まっていました。人数もそうですが、表情や熱狂的な反応から「何か新しいことが始まっている」と直感したんです。その後、BTSはアメリカで着実にファンを増やし、2018年のブレークの下地を作りました。


桑畑 私もデビュー当時から見ていましたけど、Block Bなど、当時デビューしたヒップホップ系アーティストの一つという感覚でした。2016年の来日時にインタビューしたときも、まだファンミーティングの会場の席には余裕がありました。やはり火がついたのは2018年、アメリカで評価され、いろんなメディアから「どんなグループなの」という問い合わせや執筆依頼が相次いだのを覚えています。


キム 当時、私はK-POPの方向性が変化しているのを実感していました。BIGBANGやBlock Bがアメリカで人気を得て、K-POP自体もEDMやダンスミュージックから、R&Bやヒップホップが主流になっていきました。それがアメリカ市場の趣向と合ったことが、BTS成功の背景ではないかと思います。
 BTSはK-POPが持つ、すべての遺産を相続しましたが、それに新たなものを加えた最先端の進化モデルです。ストーリー性が音楽同様に重視される、真摯な音楽という新たなモデルを実現したのだと思います。


――6月7日、オバマ前米大統領やノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん、歌手レディー・ガガといった人々が集まるオンライン仮想卒業式に、BTSが登壇し「僕たちは一人だけど、いつもともにある」といったスピーチをしました。ユニセフのLOVE MYSELFキャンペーンで暴力反対を訴え、2018年には国連総会でも演説しています。BTSのメッセージを、国際社会が高く評価する理由は何でしょうか?


キム BTSは誰もが認めるスーパースターですが、一方で一人の若者として分かち合えるストーリーがあります。挫折、寂しさ、不安、不確実さ…。この日のBTSメンバーの演説も、自分たちの抱える不安を率直に打ち明けていましたが、それは卒業を控えた学生の心境でもあります。世界を舞台に活躍するBTSが、素直で日常的で、ある意味平凡なメッセージを投げかけることで、「悩んでいるのは自分一人じゃない」とわかり、力強い感動を呼ぶのです。BTSのメッセージは、国家や民族、宗教といった壁を完全に超え、アメリカでは他のどんな外国出身アーティストよりも大きな影響力を見せています。


桑畑 日本でもBTSはとても人気ですが、不思議なくらい、メッセージを受け止めて共感する人が多いですね。K-POPグループは、曲とダンスに加え、外見や礼儀正しさなどに親近感を感じる人も多いのですが、BTSのファンに聞くと、ほぼ全員が「彼らのメッセージがまさに今、私が悩んでいることだ」と答えます。彼らが発する言葉が、日本でも共感を呼んでいるんだと思います。
 さらに、スロベニアやハンガリーなど東欧や中東のファンにも話をきいたことがありますが、「つらいときにBTSの曲、歌詞が自分を救ってくれた」と語っていました。キムさんがおっしゃる通り、同時代の世界の若者が同じ悩みを抱え、メッセージに共感し、拡散する。それはSNSにも通じる特徴かもしれません。
 
――アメリカのファンにBTSの魅力を訪ねたところ、「ノスタルジー」と答えたそうですね。なぜ懐かしさを感じるのですか?

キム 最近、70代のARMY(BTSファンの総称)に会う機会がありました。この女性はファンになった動機や好きな理由を「いろんな理由でノスタルジーを感じるから」と表現しました。若くてダイナミックで、どこか素朴でナチュラルな姿が「青春に戻ったような気分」だからだといいます。
 BTSの音楽には「懐かしさ」があると思います。誰でも年は取っても、心の片隅に青春の気持ちを持っているでしょう。BTSが怒りや自分自身の感情をストレートに表現するのを見て、「自分もあんな頃があったなあ」と振り返る郷愁だと思います。

以下略
 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1594523938/-100

 
4
気持ち悪い新聞だなぁ
 
5
礼儀正しさ
礼儀正しさ
礼儀正しさ

ハハハハハハハハハハハハハハハw

6
嘘つき新聞

7
全く興味がないので、どうでもいいが
朝日がごり推すってことはウンコなんだろう
 
9
アメリカでつべの記者が聞いて回っても誰も知らない韓国グループw

盤が売れるわけでもなく、一体どこで人気なのか。
 
10
ここまで堂々と嘘をつくメンタリティーどうなってんの

11
礼儀正しく原爆
 
16
金をばら蒔いて人気が有る風に見せる商売
 
22
朝日は本当にキモい

23
世界が熱狂 = 世界の韓国人が熱狂
 
25
ノルマw
 
33
ビートルズと言いやがった朝日を俺は絶対許さん
 
38
人気ある風に仕立ててるだけじゃんマスゴミが

39
なんなのこのステマは
チョンのランキング操作は有名だろw(※関連記事)
 
41
こいつら知らないけど、礼儀正しい朝鮮人とか存在しないでしょ?
 
43
原爆少年が何?
 
47
原爆&ナチス騒動の時に名前を聞いただけやわ。ヒット曲って何があるんや?聞いた事ないぞ。
 
63
売上の6割が日本で
北米ではそんなでも無いような
チャート不正のホモグループだからな
まあがんばれ

64
ナチス崇拝反日原理主義のキチガイレイシストBTS
 
67
韓国を褒めないと死ぬ病気にかかっている朝日新聞
 
70
ナチコスプレのアトミックボムユーゲントってユダヤ人に謝罪したのか?
 
78
対日工作資金で食う飯はうまいか?
 
96
アメリカで無視されてるのバレてるのに、よーやるわ。
朝日新聞。
 
 

スポンサーリンク

記事概要

タイトル通り

日本人はBTSの外見や礼儀正しさ

アメリカ人はノスタルジーを感じている


 

管理人コメント

BTSで礼儀正しさはないやろ…

 

関連記事

K-POPの闇 「音源買占めチャート操作」の真相が明らかになった 2020/1/6

【朝日新聞】 「21世紀のビートルズ」・・・韓国の男性アイドルグループBTSが、世界を熱狂させている 2020/7/7

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA