鉄塔上で闘争のサムスン解雇の男性、355日ぶりに土踏む=名誉復職で会社側と合意 2020/5/30

サムスン航空抗議2
広告

鉄塔上で闘争のサムスン解雇の男性、355日ぶりに土踏む=名誉復職で会社側と合意

2020年5月30日、韓国・YTNなどによると、サムスンを解雇されたのを抗議するため、鉄塔に上り300日以上居座って名誉復職などを求めていたキム・ヨンヒさんが29日、同社と合意ができたとして、立てこもり生活を終えた。

1982年からサムスン航空の工場で働いていたキムさんは、労働組合の設立委員長として活動したという理由で、1995年5月に解雇されたのは不当だと主張して会社側と争いを繰り広げてきた。昨年6月10日からは、ソウル市内にあるサムスンの社屋近くの鉄塔に上り、立てこもり生活を続けてきた。

その後、両者の交渉はこう着状態が続いたが、サムスングループの事実上のトップで、サムスン電子の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が6日に無労組経営を改める意思を表明すると状況が一変。サムスンは「両者合意の上で最終的な妥結をした」と発表し、問題を早急に解決できなかったことに対し、キムさんに謝罪した。

記事によると、キムさんが求めていた名誉復職と被害補償などについても合意したと見られるが、具体的な内容は明らかにされていないという。

キムさんは合意を受け、29日に鉄塔での立てこもり生活を終え、355日ぶりに地を踏んだ。

これに、韓国のネットユーザーからは、「公共物を無断で占有することは法的に許されるの?」「355日も鉄塔に上がって主張することが正しい行為だとは思えない」「塔から転落するようなことがあったらどうする?危険な行為だ」「このようなことに時間をかけるのならば、別の会社に再就職した方がよかったのでは?」などと批判の声が上がっている。
一方、「闘争の末、サムスンと合意できたことは喜ばしいことだ」「人生の3分の1を復職闘争に費やしたというのはすごい」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/関)

レコードチャイナ 2020年5月30日 19:20
https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=810015&ph=0&d=0155


 

記事・コメント抽出元

https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590881158/-100

 
2
ジョジョのパクリかよw
 
3
フェンシングのアレかよw
 
5
騒ぎゃいいと思ってるチョーセンジン
 
9
まさにリスカブスw
 
11
誰かが入れ替わらないと外に出られないよね?
誰が犠牲になったの?
 
12
>29日に鉄塔での立てこもり生活を終え、355日ぶりに地を踏んだ。

つまり塔の上で生活出来る様に支援者がいたのかな?
支援の方向が違くね?
 
13
こんな事がまかり通るんだからゴネなきゃ損みたいな世になるわな韓国w

14
ごね得社会が朝鮮奴隷民族の歴史
 
17
鉄塔の上からしょんべんやらうんこやら撒き散らしてるのか
 
 72
 >>17
 皿とコップを用意して,
 食べてリサイクル,飲んでリサイクル
 韓国人は凄いんだぜ
 
33
昔川崎でもあった
陛下が近くを通るっていうんで、雇い主が条件飲んだんだよ
 
37
その間ウンコ撒き散らしてたのか?
 
43
ゴネる民族

44
映画化決定

45
嫌がらせしたら金になるニダ
 
53
実際は昼の一定時間だけパフォーマンスしただけで、毎日自宅に帰ってたからな

韓国人なんてその程度
 
61
労働組合が支持母体の政権が
副会長の身柄と引き換えにしてグループ内に
労組を作るよう迫ったという話があったなあ
 
64
サムスンって、ずっと労働組合が無かったんだっけ
 
73
カンナム大地に立つ
 
95
ごね得は国技
 
97
「泣く子は餅の1つも貰える」のチョンのことわざどおりだね。
 
 

スポンサーリンク

記事概要

1995年に労組の設立委員長として活動していたとしてサムスン航空から解雇された男性が昨年6月から鉄塔で居座り抗議

会社と合意ができたとして355日ぶりに地を踏んだ

「公共物を無断で占有することは法的に許されるの?」

「人生の3分の1を復職闘争についやしたというのはすごい」などの声


 

管理人コメント

「泣く子は餅を一つ多くもらえる」ね

国内では好きなだけ泣きわめけばいいけど、世界ではそんな価値観評価されないことをいい加減理解してほしい

それと

>「公共物を無断で占有することは法的に許されるの?」

この当然の疑問がなぜ日本が絡むと反日無罪、法律<国民感情となるのか

論理的な説明求ム

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA