対馬の盗難仏像巡る控訴審 韓国高裁で再開=制作年など争点か 2020/4/28

対馬仏像2
広告

【大田聯合ニュース】長崎県対馬市の観音寺から盗まれ韓国に持ち込まれた仏像「観世音菩薩坐像」(同県指定有形文化財)について、大田高裁は28日、所有権を主張する韓国の浮石寺(忠清南道瑞山市)が仏像を保管する韓国政府に引き渡しを求めた訴訟の控訴審弁論を開いた。

観世音菩薩坐像(瑞山浮石寺仏像奉安委員会提供)=(聯合ニュース)≪転載・転用禁止≫
観世音菩薩坐像(資料写真)=(聯合ニュース)

 昨年6月25日に弁論準備手続きを終えてから約10カ月ぶりの控訴審再開となる。

 原告の浮石寺は、韓国人の窃盗団が2012年に観音寺から盗んで韓国に持ち込んだこの仏像について、数百年前に日本の倭寇(わこう)に略奪されたものだと主張している。17年1月の一審判決では、仏像の中から見つかった記録などを根拠に「浮石寺の所有と十分に推定できる」として同寺への引き渡しが命じられた

 1951年に仏像から見つかった像内納入品の中には、1330年ごろに瑞州(瑞山の高麗時代の名称)にある寺に奉安するため制作されたと読み取れる内容が記録されていたが、韓国政府側の検察は、記録が実際に高麗時代末期に作成されたことを立証する資料がなく、記録の信ぴょう性は高いとはみなせないなどと主張し、控訴した。

 控訴審は一審判決後、すぐに始まったが、日本側からの文書の返信が遅れて進展がなく、昨年は1月8日と6月25日の2回、書類の検討が行われただけだった。

 控訴審で、高裁は仏像と像内の記録が本物かどうかを見極めるため、原告側と被告側が推薦する専門家を呼び、法理的争点を整理することを決めた。また、仏像から試料を採取し、正確な制作年度を調べる計画だ。

 仏像は現在、大田市の国立文化財研究所に保管されている。

 次回の弁論は6月9日に開かれる。

記事概要

対馬の盗難仏像を巡る控訴審が再開

1審では所有権を主張する韓国浮石寺への引き渡しを認めた

高裁では仏像内に残された制作年の記録が本物かどうかを見極めるもよう


 

管理人コメント

いやいやいや、争点はそこじゃないだろう

制作された場所や年代じゃなくて、それが「倭寇によって違法に奪われた」のが日本にあった理由だと主張しているのだから、その主張が正しいかどうかを検証してもらわないと

日本側は証拠もなしに泥棒扱いされ、大切なご本尊を奪われているのだ

仮に日本が奪ってそれを取り戻すにしても手段が違法だろう

目的のためには手段が正当化される反日無罪がまかり通る韓国司法(これが司法だってプークスクス)

 

関連記事

対馬の盗難仏像巡る控訴審 韓国高裁で10カ月ぶりに再開へ 観音像の手や膝の部分にさびが出るなど、損傷が懸念 2020/3/10

対馬の仏像盗難から8年 韓国から返還されない現状に島民は 2020/2/27

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA